PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】2019年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・男子7階級展望

(2019年10月30日)

※ eJudoメルマガ版10月30日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】2019年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・男子7階級展望
eJudo Photo

→2019年度講道館杯全日本体重別選手権組み合わせ(全日本柔道連盟ウェブサイト)

文責:古田英毅

■60kg級 V候補は大島優磨と志々目徹、古賀玄暉と納庄兵芽の大学生2人に注目

(エントリー36名)

グランドスラム大阪進出選手:髙藤直寿(パーク24)、永山竜樹(了徳寺大職)
グランドスラム大阪出場権残枠:「2」
第1シード:大島優磨(旭化成) 第2シード:志々目徹(了徳寺大職)
第3シード:青木大(パーク24) 第4シード:古賀玄暉(日本体育大3年)

優勝争いを引っ張るのは大島優磨と志々目徹の2名。27歳になった志々目だが4月の選抜体重別では2位、大島も3月のグランドスラム・エカテリンブルクでは2位に入賞しており実力十分。

しかし、五輪代表争いでは髙藤直寿と永山竜樹が独走中。他選手が代表に選ばれる可能性はすでにない。今大会のみどころとしては優勝争い以上に、意外と姿の見え難い五輪後の60kg級世界を形作るような動きがあるか、新たな勢力の台頭あるかということになる。

若い世代ではワールドツアーデビュー戦のランプリ・タシケントで決勝まで進んだ古賀玄暉(日本体育大3年)に、高校カテゴリの猛者近藤隼斗(佐賀工高3年)の名前が挙がるはずだが、もう1人。期待枠として全日本学生体重別選手権を圧勝した納庄兵芽(天理大3年)を推しておきたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る