PAGE TOP ↑
eJudo

【eJudo’s EYE】男女14階級寸評・グランドスラムアブダビ評②

(2019年10月30日)

※ eJudoメルマガ版10月30日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudo’s EYE】男女14階級寸評・グランドスラムアブダビ評②
eJudo Photo
3位決定戦、ディヨルベク・ウロズボエフが「やぐら投げ」から小外掛に繋いで豪快な「一本」

→男子全試合結果 →女子全試合結果

文責:古田英毅

事実関係は既にニュースでお伝えしたので、各階級の代表争いと選手の評を、備忘録的にメモしておく。ぜひ①の技術評(「フォンセカ」に横分、あっという間に伝播する「使える技術」)と併せてお読み頂きたい。

■60kg級

東京世界選手権で準決勝まで進んだカザフスタンの2番手グスマン・キルギスバエフが優勝、代表争いを1段押し返した。ただしこの優勝はあくまで局地戦における勝利の一。階段を1つ登ったことには間違いないが、世界選手権の直接対決におけるスメトフ(同大会3位、今大会5位)勝利のインパクトと実績を押し返すには、このレベルの結果を徹底的に続けるしかない。2位のワリード・キア(フランス)は復調気配、ただし主戦場である「抱き勝負」で屈した決勝はいささか残念。このタイプの強者として立ち、例えば日本勢に伍せるようなレベルまで登れるかというと率直に言って厳しいと見る。

3位の2人は手ごたえありの大会。ヤゴ・アブラゼ(ロシア)は世界選手権銀メダリストのシャラフディン・ルトフィラエフ(ウズベキスタン)とスメトフを狩る大戦果で、今回も7位と不調の1番手ロベルト・ムシュビドバゼをもはやこの時点で逆転したのではと思われる出来。ディヨルベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)は「やぐら投げ」など大技を連発して結果だけでなく内容でも魅せた。外野から見ても、五輪のような特異な場では、手堅いルトフィラエフよりも一発があって人間的にも異常さを感じさせるウロズボエフのほうが向いているのではと感じた。

■66kg級

マニュエル・ロンバルド(イタリア)が強くなっている。世界選手権で一皮むけたという印象、今大会は圧勝と言って良い出来だった。代名詞の肩車はもちろんだが攻防の端々が実に力強い。東京の3位決定戦では阿部一二三を見事に放りながら明らかな忖度判定で「一本」を取り消されて5位に終わったが、結果としてはこの選手を一段強くしてしまったのではと思わされた。

アン・バウル(韓国)は3位であったが、足首負傷でそもそも背負投を掛けることすらままならなかった8月の世界選手権を考えれば十分な出来。「背負投に入れるか」というこちらのチェックポイントもしっかり満たし、同大会で敗れたヨンドンペレンレイ・バスフー(モンゴル)にも形上リベンジを果たし(立ち姿勢から危険な形で関節を極めたことによるダイレクト反則負け)てと、本人も復活の手ごたえを感じた大会ではないだろうか。そしてアンが悪くなかったゆえに、そのアンを強烈な大外落でまさに畳に埋めたロンバルドの強さがさらに際立った形。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る