PAGE TOP ↑
eJudo

90kg級の世界王者対決はシェラザディシヴィリがガクドンハン破る、メイヤーが最重量級制してふたたび喜びのダンス披露・グランドスラムアブダビ最終日男子

(2019年10月27日)

※ eJudoメルマガ版10月27日掲載記事より転載・編集しています。
90kg級の世界王者対決はシェラザディシヴィリがガクドンハン破る、メイヤーが最重量級制してふたたび喜びのダンス披露
グランドスラムアブダビ最終日男子(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
90kg級決勝、ニコロス・シェラザディシヴィリがガク・ドンハンから小内刈「技有」

→最終日男子プレビュー

グランドスラム・アブダビ大会は26日、アラブ首長国連邦・アブダビで最終日の男女合わせて5階級の競技が行われた。

強豪集った男子屈指の激戦階級、90kg級は2018年バクー世界選手権の覇者ニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)が優勝。決勝はガク・ドンハン(韓国)とのGS延長戦を、隅返の縺れ際に放った小内刈「技有」で制した。

世界選手権では失意の予選ラウンドに終わったシェラザディシヴィリだが、この日は本領発揮。2回戦はフセン・ハルモルザエフ(ロシア)を「指導3」、準々決勝ではエドゥアルド・トリッペル(ドイツ)を釣腰「技有」、そして準決勝では2017年の世界王者ネマニャ・マイドフ(セルビア)を内股「一本」と強豪を連破して力を見せつけた。2位のガクも決勝では敗れはしたもののどうやら復調気配。世界選手権に続いてこの日も得意の背負投は封印していたが、現在の主戦武器である内股で「一本」を連発。準々決勝ではもと81kg級世界王者アヴランディル・チリキシヴィリ(ジョージア)を見事にこの技で仕留めた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る