PAGE TOP ↑
eJudo

急成長ロンバルドが素晴らしい出来で優勝、60kg級は5位のスメトフ後目に2番手キルギスバエフが頂点・グランドスラムアブダビ第1日男子

(2019年10月26日)

※ eJudoメルマガ版10月26日掲載記事より転載・編集しています。
急成長ロンバルドが素晴らしい出来で優勝、60kg級は5位のスメトフ後目に2番手キルギスバエフが頂点・グランドスラムアブダビ第1日男子
(60kg級、66kg級)
eJudo Photo

→第1日男子プレビュー

グランドスラム・アブダビ大会は24日、アラブ首長国連邦・アブダビで開幕。初日の男子は60kg級と66kg級の競技が行われた。

ウズベキスタン、ロシア、カザフスタンら代表争いが佳境にある強豪国が複数選手を同時投入した60kg級は激戦の末、カザフスタンの2番手グスマン・キルギズバエフが優勝。準決勝でヤゴ・アブラゼ(ロシア)を内股透「技有」で破り、決勝は復調気配のワリード・キア(フランス)を「やぐら投げ」からの小外掛「技有」で破った。

東京世界選手権では3位決定戦の直接対決でキルギスバエフを破った同国の1番手、アスタナ世界選手権の覇者イェルドス・スメトフ(カザフスタン)は準々決勝でキアに「指導3」で敗退。アブラゼとの3位決定戦も落として5位に沈んだ。第1シードの世界選手権準優勝者・シャラフディン・ルトフィラエフ(ウズベキスタン)は3回戦でこれもアブラゼに敗れ、一方同国のライバルであるディヨルベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)はしっかり3位を確保した。アブラゼに追われる立場のロシアの1番手ロベルト・ムシュビドバゼは7位に終わった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る