PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】シェラザディシヴィリら豪華陣容の90kg級に注目、100kg級は世界選手権不首尾の欧州王者アダミアンが出直し図る・グランドスラムアブダビ2019最終日男子プレビュー

(2019年10月26日)

※ eJudoメルマガ版10月25日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】シェラザディシヴィリら豪華陣容の90kg級に注目、100kg級は世界選手権不首尾の欧州王者アダミアンが出直し図る
グランドスラムアブダビ2019最終日男子プレビュー(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
2018年世界選手権の覇者ニコロス・シェラザディシヴィリ。

→グランドスラム・アブダビ2019組み合わせ(公式サイト)


■90kg級 シェラザディシヴィリらスター揃った超激戦階級、注目はまたもや躍進期作りつつあるニーマン

(エントリー44名)
ニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)にネマニャ・マイドフ(セルビア)、ガク・ドンハン(韓国)と世界王者3名が参加、これに加えてイワン=フェリペ・シルバ=モラレス(キューバ)、マーカス・ニーマン(スウェーデン)らの実力者が多く顔を揃え、豪華陣容だった今月頭のブラジリア大会以上のハイレベルトーナメントが組まれた。今年の世界選手権ファイナリストのノエル・ファンテンド(オランダ)と向翔一郎(ALSOK)は出場していないものの、それ以外の強豪は一通り揃っており、大会のレベルとしては世界選手権と比較してもほとんど遜色がない。大会随一の激戦階級である。

あまりにも豪華なメンバーが揃っているゆえに注目選手1名をピックアップするのは難しいのだが、敢えてこの人という選手を選ぶならば、ニーマンの名前を挙げたい。この選手はリオデジャネイロ五輪直前期に急激に成績を伸ばした来歴があるのだが、今回もその例に漏れず今年2月に突如、2年ぶりに試合に現れると徐々に調子を上げて8月の世界選手権では5位入賞。続いて9月のグランプリ・タシケントで優勝、と大会ごとにその存在感を増している。巴投や隅返といった捨身技と足技を巧みに使い分ける玄人好みのスタイルのため派手さはないが、東京五輪の主役候補の1人であることは確実。ここであらためてチェックしておきたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る