PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】66kg級の様相は「日本とヴィエル抜き」の世界選手権、60kg級はロシアとウズベキスタンのトップ2が激しい代表争い・グランドスラムアブダビ2019第1日男子プレビュー

(2019年10月24日)

※ eJudoメルマガ版10月23日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】66kg級の様相は「日本とヴィエル抜き」の世界選手権、60kg級はロシアとウズベキスタンのトップ2が激しい代表争い
グランドスラム・アブダビ2019第1日男子プレビュー(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
世界選手権で銀メダル獲得のシャラフディン・ルトフィラエフ。ついに1番手の座獲得なるか。

→グランドスラム・アブダビ2019組み合わせ(公式サイト)

■60kg級 強国の代表レースいよいよ佳境、ウズベキスタンはルトフィラエフとウロズボエフを同時派遣
(エントリー42名)

第1シードは8月の東京世界選手権で髙藤直寿(パーク24)を破って銀メダルに輝いたシャラフディン・ルトフィラエフ(ウズベキスタン)。さらに2015年世界王者のイェルドス・スメトフ(カザフスタン)、2016年、2017年と2年連続世界3位のディヨルベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)、2018年世界2位のロベルト・ムシュヴィドバゼ(ロシア)ら、世界大会のメダリストがずらり居並ぶ豪華なトーナメントが組まれた。

ウズベキスタン、ロシアなど8月の東京世界選手権で1番手が成績を残せなかった、あるいは2番手が躍進した国はいずれもトップ2を同時派遣して再び競らせる策に出ており、今大会の結果が代表選考に与える影響は甚大だ。ウズベキスタンなどはルトフィラエフが世界2位となったことでもはや実績でもウロズボエフに劣らず、日本顔負けのハイレベルな代表争いが繰り広げられている。この2人の配置だが、いずれもプール内にこちらも同じく激しい代表争いが行われているロシア勢が置かれるという奇縁。ルトフィラエフが3回戦で先月のグランプリ・タシケントを制して勢いに乗るヤゴ・アブラゼ(ロシア)、ウロズボエフが準々決勝で自身と同じく世界選手権で上位戦に進めず下からの激しい突き上げを食らっているムシュヴィドバゼと対戦予定となっている。この2試合がこの豪華トーナメントにおける最注目試合。強国2つの東京五輪代表がどちらになるのか、重要な分岐点である。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る