PAGE TOP ↑
eJudo

松村颯祐、和田梨乃子ら日本勢が全4階級を制覇・世界ジュニア柔道選手権2019第4日

(2019年10月20日)

※ eJudoメルマガ版10月20日掲載記事より転載・編集しています。
松村颯祐、和田梨乃子ら日本勢が全4階級を制覇
世界ジュニア柔道選手権2019第4日(男子100kg級、100kg超級、女子78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
優勝を決めた松

→男女14階級プレビュー

モロッコ・マラケシュで行われている世界ジュニア柔道選手権は19日、個人戦最終日の男子100kg級、100kg超級、女子78kg級、78kg超級の4階級の競技が行われ、日本勢が全階級を制した。この日まで金メダルゼロの男子は2階級優勝でフィニッシュ、女子は7階級中4階級を制することとなった。

シニアのスター選手2人の参戦に沸いた100kg超級は、初出場の松村颯祐(東海大2年)が全試合一本勝ちで優勝。初戦を払巻込「技有」に抱分「一本」で制すると、2回戦では2連覇を狙うゲラ・ザアリシヴィリ(ジョージア)をわずか29秒、得意の裏投で放り投げて鮮やか「一本」。既に今年ワールドツアー2勝、7月のグランプリ・ザグレブ決勝では原沢久喜を破っている優勝候補を倒して会場の度肝を抜くと、以降も隙を見せずに「一本」を連発。決勝では昨年度大会の銅メダリストで欧州ジュニア2位入賞のエリック・アブラモフ(ドイツ)を内股と横四方固の合技「一本」に仕留めて優勝を決めた。技に威力あり、体の力も抜群で相手の奇襲技にも背筋を伸ばして一切動ぜず。常に「指導」を先行しながら戦って最後は投げを決めるという、まさに強者の戦いぶりだった。

もう1人の優勝候補、東京世界選手権で銅メダルを獲得したキム・ミンジョン(韓国)は3位。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る