PAGE TOP ↑
eJudo

【eJudo’s EYE】思わぬ「秋祭り」、超豪華メンバーでグランドスラム・アブダビきょう開幕

(2019年10月24日)

※ eJudoメルマガ版10月24日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudo’s EYE】思わぬ「秋祭り」、超豪華メンバーでグランドスラム・アブダビきょう開幕
eJudo Photo
IJFがリリースした大会ビジュアル。超豪華メンバーが並ぶ

文責;古田英毅

今季6戦目となるグランドスラム大会、グランドスラム・アブダビがきょう24日、アラブ首長国連邦・アブダビに95か国553名の選手が集って開催される。

IJF筋からは、スーパースター打ち揃う超豪華大会の実現濃厚との事前情報あり。さらに1週間前になって出された大会ビジュアル(リアルなエントリー情報に基づいての作成が慣例)が、五輪と今季の世界選手権の金メダリストが男女合わせて8名居並ぶという超豪華なものであったことでファンの期待はいやが上にも高まった。ここからドロー当日になって100kg超級のテディ・リネール(フランス)とルカシュ・クルパレク(チェコ)、100kg級のジョルジ・フォンセカ(ポルトガル)と90kg級のノエル・ファンテンド(オランダ)が抜けたが、女子は48kg級のダリア・ビロディド(ウクライナ)、52kg級のマイリンダ・ケルメンディ(コソボ)、63kg級のティナ・トルステニャク(スロベニア)が全員残留。さらに70kg級のマリー=イヴ・ガイ(フランス)に78kg級のマドレーヌ・マロンガ(フランス)と今年の世界王者2人がエントリーして、まさに「祭り」というべき素晴らしい陣容が揃った。

加えて、ドローの結果を見てのけぞった。まさに強豪密集、「捨て階級」が1つもない豪華大会。各国のオリンピック代表選考の本番が来年2月の欧州シリーズであるならここである程度の目途をつけておかねばならぬであろう、ゆえにこの時点である程度の選手が集まるであろう、というところまでは予想していたのだが、これはその想定を遥かに超えている。

過密エントリーの因の一は、ロシアやウズベキスタン、韓国といった同階級に複数のトップ選手を抱える強豪が、世界選手権の結果を受けて同時派遣で「競らせる」策に打ってでたことにある。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る