PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】豪華陣容の81kg級は絶好調ヴァロア=フォルティエに注目、73kg級はマシアス、ジャコヴァらが「出直し」に挑む・グランドスラムアブダビ第2日男子プレビュー

(2019年10月25日)

※ eJudoメルマガ版10月19日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】豪華陣容の81kg級は絶好調ヴァロア=フォルティエに注目、73kg級はマシアス、ジャコヴァらが「出直し」に挑む
グランドスラム・アブダビ第2日男子プレビュー(73kg級、81kg級)
eJudo Photo
73kg級第1シードはルスタン・オルジョフ。

→グランドスラム・アブダビ2019組み合わせ(公式サイト)

■73kg級 実力はオルジョフ、注目はジャコヴァやマシアスら「出直し組」

(エントリー58名)

第1シードに座る東京世界選手権銀メダリストのルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)を中心に、同3位のデニス・イアルツェフ(ロシア)、今年のヨーロッパ王者トミー・マシアス(スウェーデン)ら階級上位の強豪が顔を揃えた。

第1日に行われた2階級とは異なり国内のライバル同士を同時派遣しているのはモンゴルくらい。この階級はどちらかというと、東京世界選手権で結果を残せなかった選手たちが再び実績を積むための場となっている印象だ。具体的には前述のマシアスにアルチュール・マルジェリドン(カナダ)、アキル・ジャコヴァ(コソボ)、ツェンドオチル・ツォグトバータル(モンゴル)。ファン視点から言えば、彼らの試合を追うことでそのままトーナメントのハイライトを押さえることができるということになる。純実力的な優勝候補はオルジョフだが、モチベーションの差を考えるならばトーナメントの主役は彼ら「出直し組」だ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る