PAGE TOP ↑
eJudo

朝飛真実が優勝、81kg級竹市大祐はグリガラシヴィリ、90kg級増山香補はベカウリの壁乗り越えられず・世界ジュニア柔道選手権2019第3日

(2019年10月19日)

※ eJudoメルマガ版10月18日掲載記事より転載・編集しています。
朝飛真実が優勝、81kg級竹市大祐はグリガラシヴィリ、90kg級増山香補はベカウリの壁乗り越えられず
世界ジュニア柔道選手権2019第3日(男子81kg級、90kg級、女子70kg級)
eJudo Photo
70kg級決勝、朝飛真実がマディーナ・タイマゾワから内股「一本」

→男女14階級プレビュー

モロッコ・マラケシュで行われている世界ジュニア柔道選手権は18日、大会第3日目の男子81kg級、90kg級と女子70kg級の競技が行われ、日本勢からは70kg級の朝飛真実(桐蔭学園高3年)が優勝を果たした。81kg級の竹市大祐(大牟田高3年)は2回戦敗退、90kg級の増山香補(明治大3年)は5位だった。

朝飛は得意の内股のバリエーションの豊富さを見せつけて、全試合一本勝ち。3回戦のリッケン・ミナアグリタ(ドイツ)戦ではこの技で「技有」を奪うと続いて内股で相手を踏ん張らせての体落でとどめの「技有」。準決勝のパワーファイター、マリアム・チャントゥリア(ジョージア)戦では強気で圧力を掛け続けた末に終盤それぞれ違う形の内股「技有」を得てこれも合技の一本勝ち。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る