PAGE TOP ↑
eJudo

73kg級はマフマドベコフが圧勝、57kg級袴田佳名瑚は好勝ち上がりも決勝でリパルテリアニに屈す・世界ジュニア柔道選手権2019第2日

(2019年10月18日)

※ eJudoメルマガ版10月18日掲載記事より転載・編集しています。
73kg級はマフマドベコフが圧勝、57kg級袴田佳名瑚は好勝ち上がりも決勝でリパルテリアニに屈す
世界ジュニア柔道選手権2019第2日(男子73kg級、女子57kg級、63kg級)
eJudo Photo
73kg級決勝、ソモン・マフマドベコフがゲオルギー・エルバキエフから隅落「一本」

→男女14階級プレビュー

モロッコ・マラケシュで行われている世界ジュニア柔道選手権は17日、大会2日目の男子73kg級、女子57kg級と63kg級の計3階級の競技が行われ、日本勢は57kg級の袴田佳名瑚(藤枝順心高3年)が2位、63kg級の浦明澄(日本体育大1年)が3位に入賞した。73kg級の塚本綾(日本体育大2年)は初戦で敗れた。

レベルの高い選手が揃った男子73kg級は東京世界選手権5位入賞のソモン・マフマドベコフ(タジキスタン)が圧勝。決勝は7月のグランプリ・ブタペストで2位入賞のゲオルギー・エルバキエフ(ロシア)の裏投を待ち構えて上体を制し、隅落「一本」。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る