PAGE TOP ↑
eJudo

地元ブラジル勢が好スタート、52kg級角田夏実は準決勝でジュッフリダに苦杯・グランドスラムブラジリア2019第1日

(2019年10月7日)

※ eJudoメルマガ版10月7日掲載記事より転載・編集しています。
地元ブラジル勢が好スタート、52kg級角田夏実は準決勝でジュッフリダに苦杯
グランドスラム・ブラジリア2019第1日(男子60kg級、66kg級、女子48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
ブラジル勢対決となった60kg級決勝、アラン・クワバラがエリック・タカバタケから谷落「一本」。

2012年6月のグランドスラム・リオ以来8年ぶりのブラジル開催となるワールドツアー大会、今年から新設されたグランドスラム・ブラジリアが6日開幕。初日は男子2階級、女子3階級の競技が行われ、男子2階級はいずれも地元ブラジル勢が制した。ブラジルは女子も3階級すべてで決勝に進むなど全階級でメダルを獲得、素晴らしいスタートを切った。日本からは女子52kg級に角田夏実(了徳寺大職)が出場し、3位に入賞した。

男子60kg級はランキング上ブラジルの7番手(202位)となるダークホース、27歳のアラン・クワバラがワールドツアー初出場で初優勝。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る