PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】グランドスラム・ブラジリアきょう開幕、100kg超級は影浦心が初戦でリネールに挑戦

(2019年10月6日)

※ eJudoメルマガ版10月5日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】グランドスラム・ブラジリアきょう開幕、100kg超級は影浦心が初戦でリネールに挑戦
eJudo Photo
テディ・リネールが参戦。7月のGPモントリオールに続き、新設大会の目玉としての登場。

今年から新設されたグランドスラム・ブラジリア大会がきょう6日から、ブラジルの首都ブラジリアで55か国317名の選手が集って行われる。ドロー(組み合わせ抽選)は5日に行われ、即日発表された。

→グランドスラム・ブラジリア組み合わせ

全体としては、世界選手権で活躍し切れなかった選手、あるいはギリギリで出場かなわなかった強豪国の2番手選手がエントリーの中心。一部例外はあるが、多くの選手が冬季シーズンにやってくる五輪代表争い本番に向けた「作り」と位置付けて参加する大会、と理解しておいて間違いなさそうだ。

そんな中にあって飛び抜けて面白い階級が男子100kg超級。第1シードは東京世界選手権で金メダルを獲得したばかりのルカシュ・クルパレク(チェコ)、そして同大会を欠場した絶対王者テディ・リネール(フランス)がエントリーを為したのだ。7月のグランプリ・モントリオールにおける大熱戦はファンの記憶に新しいところ、リネールにとってはまったく油断のならない戦いである。加えて、リネールの初戦には日本代表の影浦心(日本中央競馬会)が配された。リネールはかねてより左組みの相手、かつ担ぎ技系を苦手にしているという観察があり、これに嵌るタイプの影浦をリネールに当てることは、日本の強化陣にとってもおそらく長年の宿願であったはず。いったいどのような戦いになるのか、勝敗はもちろんその内容から決して目が離せない。

男子は90kg級も熱い。ともに世界選手権は不首尾に終わったニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)とイワン=フェリペ・シルバ=モラレス(キューバ)の2018年度世界選手権金銀メダリストコンビが第1シードと第2シードを張り、さらに2017年度世界王者で今年も銅メダルを獲得したネマニャ・マイドフ(セルビア)が参戦。先日のグランプリ・タシケントでベイカー茉秋(日本中央競馬会)を破って優勝したマーカス・ナイマン(スウェーデン)もエントリーし、上位対戦は相当なレベル。81kg級はもっか絶好調の永瀬貴規(旭化成)の連勝続くかどうかに世界の目が注がれる。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る