PAGE TOP ↑
eJudo

辻岡慶次と吉岡光が優勝、吉岡は全試合一本勝ち・世界カデ柔道選手権2019第2日

(2019年9月27日)

※ eJudoメルマガ版9月26日掲載記事より転載・編集しています。
辻岡慶次と吉岡光が優勝、吉岡は全試合一本勝ち
世界カデ柔道選手権2019第2日(男子60kg級、66kg級、女子48kg級、52kg級)
eJudo Photo
60kg級決勝、辻岡慶次がカルマン・スレイマノフから背負投「技有」

カザフスタン・タシケントで行われているカデ(U-17)カテゴリの世界一決定戦、世界カデ柔道選手権2019は大会第2日目の26日、男子60kg級、66kg級、女子48kg級、52kg級の4階級の競技が行われた。

日本代表からは60kg級の辻岡慶次(大成高2年)と48kg級の吉岡光(八千代高2年)が優勝。辻岡は準決勝までの5試合を全て一本勝ち、決勝はカルマン・スレイマノフ(アゼルバイジャン)を片襟の背負投「技有」による優勢で制した。6戦して4つのポイントを奪った背負投が非常に効いていた。
吉岡は全試合一本勝ちでの戴冠。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る