PAGE TOP ↑
eJudo

佐藤優磨が2位、宮城杏優菜は3位に入賞・世界カデ柔道選手権2019第1日

(2019年9月26日)

※ eJudoメルマガ版9月26日掲載記事より転載・編集しています。
佐藤優磨が2位、宮城杏優菜は3位に入賞・世界カデ柔道選手権2019第1日
(男子50kg級、55kg級、女子40kg級、44kg級)
eJudo Photo
準々決勝、佐藤優磨がソビルジョン・カリモフから小内巻込「一本」

カデ(U-17)カテゴリの世界一決定戦、世界カデ柔道選手権2019が25日にカザフスタン・アルマティで開幕。初日は男子50kg級と55kg級、女子40kg級と44kg級の軽量2階級の競技が行われ、2人を送り込んだ日本代表は55kg級で佐藤優磨(広陵高3年)が2位、44kg級で宮城杏優菜(沖縄尚学高3年)が3位だった。

佐藤は決勝で7月のアジアカデ選手権で2位だったリン・チョンユ(台湾)に腕挫十字固「一本」で敗れた。宮城は準決勝でメルヴェ・アザック(トルコ)に肩車「技有」で敗退。アザックは決勝で、昨年のユースオリンピック王者で今年の東京世界選手権にも出場している(48kg級)マリア・ヒメネス(ベネズエラ)を破って優勝した。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る