PAGE TOP ↑
eJudo

ツシシヴィリ優勝、ベイカー茉秋は3位に留まる・グランプリタシケント2019最終日

(2019年9月24日)

※ eJudoメルマガ版9月26日掲載記事より転載・編集しています。
ツシシヴィリ優勝、ベイカー茉秋は3位に留まる
グランプリタシケント2019最終日(男子90kg級、100kg級、100kg超級、女子78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
3位決定戦、ベイカー茉秋がラシャ・ベカウリを右背負投で崩して抑え込みに繋ぐ

東京世界選手権(8月25日~9月1日)終了後最初のワールドツアー大会となるグランプリ・タシケント2019は22日、最終日の男子3階級、女子2階級の競技が行われた。日本からは90kg級にベイカー茉秋(日本中央競馬会)が出場し、3位だった。

90kg級は東京世界選手権5位のマーカス・ナイマン(スウェーデン)が優勝。準々決勝ではベイカーからいずれも隅返で「技有」、「一本」と連取して快勝。決勝はフセン・ハルモルザエフ(ロシア)を横四方固「一本」で破った。敗者復活戦に回ったベイカーは3位決定戦でラシャ・ベカウリ(ジョージア)と対戦、前週欧州ジュニアを制したばかりの19歳に小外掛「技有」を先行されたが、相手のミスに付け込んで横四方固「技有」で追いつき、GS延長戦で片襟の背負投から横四方固に繋いで合技の一本勝ち。3位を確保した。

100kg級は世界選手権に出場叶わなかったカズベク・ザンキシエフ(ロシア)が全試合一本勝ちで優勝。初戦はシェラリ・ジュラエフ(ウズベキスタン)戦に「指導3」での勝利だったが、以後は小外掛を軸に連続一本勝ち。決勝はゼリム・コツォイエフ(アゼルバイジャン)を大外刈「一本」に仕留めた。

100kg超級は第1シードの昨年度世界王者グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)が優勝。決勝は地元のベクムロド・オルティボエフ(ウズベキスタン)からまず払釣込足で「技有」リード、その後ポイント級の裏投を取ってもらえなかったあたりからやや集中を欠き、膝着きの釣込腰を隅落に切り返されて「技有」失陥。しかしこれで却って落ち着きを取り戻し、最後は背中を抱いての支釣込足「一本」で試合を決めた。

78kg級はベルナデッテ・グラフ(オーストリア)が全試合一本勝ちで優勝。決勝はアントニーナ・シュメレワ(ロシア)を出足払と横四方固の合技「一本」で下した。78kg超級はクセニーア・チビソワ(ロシア)がこれも全試合一本勝ちで優勝。決勝はキム・ハユン(韓国)を僅か22秒の大外返「一本」で退けた。

寸評と各階級の入賞者と決勝結果、日本代表選手全試合の結果は下記。

【評】

ベイカーはコンディション不良か動きが重く、受けも軽かった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る