PAGE TOP ↑
eJudo

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第85回

(2019年9月23日)

※ eJudoメルマガ版9月23日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第85回
柔道の海外宣伝普及は、二つの意味において自分の後半生の任務と信じている。
eJudo Photo
嘉納治五郎師範

資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「昭和八年を迎うるに当り講道館員一同に一段の奮励を励む」
柔道4巻1号 昭和8年1月 (『嘉納治五郎大系』1巻385頁)

嘉納治五郎師範が73歳になる昭和8年(1933)。この年は、講道館が創立から51年目を迎える年でもありました。今回の「ひとこと」は、そんな年の所信表明の一節です。

73歳と言えば、現代の感覚でも、<引退>していてもおかしくありません。ところが、師範、ここまでの仕事が第一段階。そして、昭和8年は第二段階の門出だと言います。73歳を迎えて、この意気込み。その精力的な姿勢に驚かされますが、第二段階の仕事の1つとして、海外における講道館柔道の宣伝普及をあげています。そこには、後半生の事業として2つの意味があると師範は言います。

1つ目は、文化の輸出による諸外国への恩返し。
当時の日本は、諸外国(特に西洋)の文化を輸入することにより、急速な近代化をすすめてきました。また、明治維新以前も、外国の文化の影響を受け、日本の文化は成り立っています。そういった諸外国からの恩(師範は「精神的な債務」と称しています)を、自国の文化、―言うまでもなく柔道です-を輸出することで返し、逆に、日本を精神的な債権国にしたいということです。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る