PAGE TOP ↑
eJudo

【即日レポート】五條東中が全国中学校大会に続いて優勝・2019年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学生女子の部

(2019年9月23日)

※ eJudoメルマガ版9月22日掲載記事より転載・編集しています。
【即日レポート】五條東中が全国中学校大会に続いて優勝・2019年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学生女子の部
eJudo Photo
優勝の五條東中

小学生、中学生男子、中学生女子の3カテゴリの団体戦で少年柔道日本一を争う2019年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会が22日、東京武道館(東京都足立区)に全国7地区の予選を勝ち抜いた計96チームが集って行われ、16チームのみが出場を許される中学生女子の部は五條東中学校(奈良)が初優勝した。同校は8月の全国中学校柔道大会に続く全国制覇で今期二冠達成、決勝は3月の近代柔道杯を制した田島中学校(埼玉)を1-1の内容差で下した。3位には金目中学校(神奈川)と中広中学校(広島)が入賞した。

決勝の戦評と五條東中・中尾太保監督のコメント、入賞者と準々決勝以降の対戦詳細は下記。

取材:eJudo編集部 文責:古田英毅
撮影:辺見真也

eJudo Photo
決勝に臨む田島中

eJudo Photo
今大会で全中大会に続く2冠に挑む五條東中

eJudo Photo
先鋒戦、田島中の喜多幡芙妃が隅落「技有」

【決勝戦評】

田島中学校 - 五條東中学校
(先)喜多幡芙妃 - 上野明日香
(中)水間仁子 - 荒川清楓
(大)森静玖 - 大場桜萌

決勝は全国中学校大会の覇者五條東中学校、そして4月の近代柔道杯を制しながら全国中学大会では東松山北中学校(本戦2位)に予選で屈し出場自体が叶わなかった田島中学校という、ともに今季「二冠」を目指す強豪同士の対決となった。五條東中にとっては3月の直接対決のリベンジ、田島中にとっては夏の忘れ物を取り返さんとする、いずれにとっても絶対に負けられないモチベーション極めて高い一番。

先鋒戦は田島中・喜多幡芙妃が左、五條東中・上野明日香が右組みのケンカ四つ。上野釣り手の肘をこじあげて積極的に攻め、右内股で先制攻撃。喜多幡左出足払に左内股、さらに左大内刈とタイミングの良い技を打ち込んで反攻するが上野は揺るがず、右内股に膝を着いての右大内刈で喜多幡を伏せさせ、一貫して攻勢。しかし残り1分を過ぎたところで大きく左脚を伸ばして片膝の右釣込腰に座り込んだところ、開脚が大きすぎたか喜多幡が耐えて振り向くとそのまま尻餅の形で剛体。喜多幡そのまま上体を制して押し込み「技有」。喜多幡そのまま寝勝負、上野が脚を絡んで耐えるがなかなか展開が切れず、「待て」が掛かったときには残り時間僅か21秒。上野走って開始線に戻り、「はじめ」が宣せられると右内股を連発するが、喜多幡背中に食いついて耐え切りタイムアップ。「技有」優勢で喜多幡が勝利、先制点は田島中の手に落ちる。

eJudo Photo
中堅戦、荒川清楓が水間仁子から内股透「一本」

eJudo Photo

eJudo Photo
大場桜萌が森静玖の内股を捌く

中堅戦は田島中・水間仁子が右、五條東中・荒川清楓が左組みのケンカ四つ。盤面配置からもビハインドという背景からも得点必須の荒川は引き手を争いながら鋭い出足払に横落と続けて攻め、1分8秒には水間に消極的との咎で「指導」。荒川攻め手を緩めず出足払に内股、横落で激しく攻撃。水間の体落は腹を出して弾き潰し、相手が挑んだ抱き勝負は先んじて自らの左大腰に変換して試合を完全に掌握する。荒川の両襟のプレッシャーに水間が堪らず潰れた1分57秒、消極的との咎で2つ目の「指導」。以後も荒川の圧に潰され続けた水間、ベンチ外から送られ続ける怒声に精神の平衡を失ったか、もはや攻めるしかないと釣り手で上から後帯を掴む。しかし荒川チャンスとばかりに敢えて腰を引いたまま脇から背中を差してこの抱き勝負に応じる構え。水間思い切り脚を上げ、頭を下げながら右内股。しかし荒川それ以上に高く脚を上げ、股中で捌く形の内股透で切り返す。水間の技と時間差ゼロの完全な攻防一致、上体を完全に制された水間はオセロのコマをひっくり返したようにパタリと背中から落ちて2分21秒文句なしの「一本」。スコアは1-1も内容差で五條東中が逆転。

大将戦は田島中・森静玖が左、全国中学校大会70kg級王者の大場が右組みのケンカ四つ。同大会準決勝では大場が内股透「一本」で勝利しているカード。釣り手一本の攻防が続き、25秒双方に「指導」。直後森が左内股を2連発するが、状況を踏まえた大場は釣り手を張って手堅く進退。大場1分30秒過ぎには小外刈で崩すと素早い動きで寝技に食いつき、まったく隙を見せない。残り1分、奥襟を叩いた森が思い切って左内股に飛び込むが大場鋭い動きで透かし、自らのチャンスに変換して動ぜず。残り10秒の右内股もタイミングを読んで釣り手側にもたれかかるように崩して流し、そのままタイムアップ。この試合は引き分けに終わり、スコアは1-1の内容差で動かず。五條東中が全国中学校大会に続く今季全国2冠を達成することとなった。

五條東中学校 ①-1 田島中学校

(先)上野明日香△優勢[技有・隅落]〇喜多幡芙妃
(中)荒川清楓〇内股透(2:21)△水間仁子
(大)大場桜萌×引分×森静玖

地力と試合の巧さ、いずれも五條東中が勝った一番。先鋒戦の失点にも慌てずひたひたと詰めて相手のミスを誘った荒川、リードとなるや要所で後の先のプレッシャーを掛けながら強敵相手にも手堅く試合を進めた大場、いずれの試合も見事だった。五條東は現場采配も鷹揚、怒声など一切飛ばすこともなく、選手への強い信頼感が感じられた。

eJudo Photo
優勝を決めた五條東中の面々

【入賞者】
優 勝:五條東中学校(奈良)
準優勝:田島中学校(埼玉)
第三位:金目中学校(神奈川)、中広中学校(広島)

最優秀選手賞:荒川清楓(五條東中)
優秀選手賞:喜多幡芙妃(田島中)、酒井類(金目中)、今岡そら(中広中)

五條東中・中尾太保監督のコメント
「前任校の広陵中では、この大会では3位が最高。全国中学校大会の後にモチベーションを維持することの難しさを感じていたのですが、今年は選手の士気が非常に高く、日々の稽古をしっかり積み重ねてくれました。春の近代柔道杯では田島中さんに反則で2点失って負けていますので、忘れ物を取り戻したという気持ちです。決勝は、うちは接近戦が得意ではないので、間合いをとって、辛抱するところは辛抱して、チャンスにしっかり攻めることを心掛けさせました。今年は選手の頑張りのおかげで、本当に良い思いをさせて頂きました。感謝の一言です。」

eJudo Photo
1回戦、田島中の水間仁子が南幌町柔道少年団・瀬川夏生から内股「一本」

eJudo Photo
準々決勝、中広中の大将本田万智が小川道場・山口彩絵から内股「一本」

eJudo Photo
準優勝の田島中学校

【1回戦】

金目中学校(神奈川) 2-0 大成中学校(愛知)
夙川中学校(兵庫) 2-0 東北町柔道スポーツ少年団(神奈川)
田島中学校(埼玉) 2-1 南幌町柔道少年団(北海道)
三間柔道クラブ(愛媛) ①代-1 筑前町率夜須中学校(福岡)

小川道場(神奈川) 2-0 鶴田中学校(青森)
中広中学校(広島) 〇0代-0△ 桜丘中学校(愛知)
帯広柔道少年団(北海道) 2-1 川口柔道クラブYAWARA(埼玉)
五條東中学校(奈良) 2-0 沖学園中学校(福岡)

【準々決勝】

金目中学校(神奈川) 2-0 夙川中学校(兵庫)
(先)橋本瑠音×引分×足立美翔
(中)酒井類〇小外掛(2:28)△伊藤南風
(大)佐藤蓮〇横四方固(0:51)△吉井なつみ

田島中学校(埼玉県) 2-0 三間柔道クラブ(愛媛県)
(先)喜多幡芙妃〇払腰(0:25)△松本涼
(中)水間仁子×引分×岩見志都紀
(大)森静玖〇優勢[技有・内股]△前田凜

中広中学校(広島) 2-0 小川道場(神奈川)
(先)今岡そら×引分×杉山凜
(中)城美月〇棄権(0:59)△佐藤彩葉
(大)本田万智〇内股(2:33)△川口彩絵

五條東中学校(奈良) 3-0 帯広柔道少年団(北海道)
(先)上野明日香〇上四方固(2:12)△三浦心花
(中)荒川清楓〇後袈裟固(1:39)△井上千聖
(大)大場桜萌〇横四方固(2:04)△井上朋香

eJudo Photo
第3位の金目中学校

eJudo Photo
第3位の中広中学校

【準決勝】

田島中学校 2-0 金目中学校
(先)喜多幡芙妃〇内股(1:04)△橋本瑠音
(中)水間仁子×引分×酒井類
(大)森静玖〇優勢[技有・内股]△佐藤蓮

五條東中学校 2-0 中広中学校
(先)上野明日香×引分×今岡そら
(中)荒川清楓〇肩固(1:56)△城美月
(大)大場桜萌〇大内刈(2:06)△本田万智

【決勝】

五條東中学校 ①-1 田島中学校
(先)上野明日香△優勢[技有・大内刈]〇喜多幡芙妃
(中)荒川清楓〇内股透(2:21)△水間仁子
(大)大場桜萌×引分×森静玖

※公式記録をもとに、視認出来た誤りを修正して作成しています
※無断転載、転用を禁じます

※ eJudoメルマガ版9月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る