PAGE TOP ↑
eJudo

【即日レポート】朝飛道場が3年ぶり6度目の優勝・2019年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会小学生の部

(2019年9月23日)

※ eJudoメルマガ版9月22日掲載記事より転載・編集しています。
【即日レポート】朝飛道場が3年ぶり6度目の優勝・2019年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会小学生の部
eJudo Photo
決勝、朝飛道場の大将リボウィッツ和青が春日柔道クラブ・荻野友里から大外落「技有」

小学生、中学生男子、中学生女子の3カテゴリの団体戦で少年柔道日本一を争う2019年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会が22日、東京武道館(東京都足立区)に全国7地区の予選を勝ち抜いた計96チームが集って行われ、32チームが出場した小学生の部は朝飛道場(神奈川)が優勝した。朝飛道場は3年ぶり6度目の優勝、決勝は春日柔道クラブ(東京)を2-1で破った。

3位には5月の全国少年大会2位の桜木柔道クラブ(熊本)と、東北予選王者の雄武館山中道場(秋田)が入賞。全国少年大会王者の筑前町スポーツ少年団夜須柔道部(福岡)は準々決勝で雄武館山中道場に3-2で屈し、惜しくも入賞ならなかった。

決勝の戦評と、朝飛道場・朝飛大監督のコメント、入賞者および準々決勝の対戦詳細は下記。

取材:eJudo編集部 文責:古田英毅
撮影:辺見真也

【決勝戦評】

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る