PAGE TOP ↑
eJudo

古賀玄暉、相田勇司ともに決勝で惜敗・グランプリタシケント2019第1日

(2019年9月21日)

※ eJudoメルマガ版9月20日掲載記事より転載・編集しています。
古賀玄暉、相田勇司ともに決勝で惜敗・グランプリタシケント2019第1日
(男子60kg級、66kg級、女子48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
決勝、ヤゴ・アブラゼが古賀玄暉から左大内刈「一本」

東京世界選手権(8月25日~9月1日)終了後最初のワールドツアー大会となるグランプリ・タシケント2019が20日、ウズベキスタン・タシケントで開幕。初日は男子2階級、女子3階級の競技が行われた。日本からは2人が出場し、男子60kg級の古賀玄暉(日本体育大3年)と同66kg級の相田勇司(國學院大2年)がともに2位だった。

60kg級はグランドスラム大阪2位のヤゴ・アブラゼ(ロシア)が優勝。決勝はここまで全試合一本勝ちの古賀に苦戦したが、総試合時間8分にならんとするところでアブラゼに抱き勝負を挑まれた古賀が腰の浮いた状態から右小外掛、これを左大内刈の形で切り返されて一本負けした。アブラゼは全試合一本勝ち、準々決勝では東京世界選手権5位のヤン・ユンウェイ(台湾)を隅返と裏固の合技「一本」、準決勝ではリオ五輪銅メダリストのディヨルベク・ウロズボエフ(ウスベキスタン)を裏固「一本」で破った。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る