PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】グランプリタシケントきょう開幕、90kg級にベイカー茉秋、100kg超級にグラム・ツシシヴィリ参戦

(2019年9月20日)

※ eJudoメルマガ版9月19日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】グランプリ・タシケントきょう開幕、90kg級にベイカー茉秋、100kg超級にグラム・ツシシヴィリ参戦。
eJudo Photo
ツアー2連勝を狙うベイカー茉秋

東京世界柔道選手権(8月25日~9月1日)終了後初のワールドツアーとなるグランプリ・タシケント大会がきょう20日からウズベキスタン・タシケントで開催される。昨日ドローが行われ参加選手がようやく判明、組み合わせは即日公開された。

→グランプリ・タシケント2019組み合わせ

年間最大のイベントからまだ3週間、どれだけの選手が参加するものか危惧されたが、男子は90kg級のリオ五輪王者ベイカー茉秋(日本中央競馬会)、100kg超級の2018年世界王者グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)などどの階級も核になる選手がおり、なかなか面白いトーナメントが組まれている。女子は世界選手権に一線級を派遣しなかった韓国が52kg級のジョン・ボキョンや57kg級のクォン・ユジョンなど主力を多数派遣、これがトーナメントを盛り上げる形となった。

全体としては、欧州タイトルを取りながら世界選手権では早期敗退の73kg級トミー・マシアス(スウェーデン)のように世界選手権で思うような成績が残せなかった強者、また国内の層が厚いために世界選手権の出場叶わなかったツアーの実力者という2つの勢力がトーナメントの軸。プレビューとして各階級の様相をひとことずつ、書き出してみたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る