PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]無差別王者朝飛真実が70kg級制覇、最重量級は米川明穂が初優勝・第68回インターハイ柔道競技女子個人試合

(2019年8月13日)

※ eJudoメルマガ版8月13日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]無差別王者朝飛真実が70kg級制覇、最重量級は米川明穂が初優勝
第68回インターハイ柔道競技女子個人試合(63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
70kg級準決勝、GS延長戦で朝飛真美が桑形萌花から内股「技有」

→女子個人全試合結果(eJudoLITE)
取材・撮影:eJudo編集部

第68回インターハイ柔道競技(全国高等学校総合体育大会柔道競技・全国高等学校柔道大会)は13日、鹿児島アリーナ(鹿児島市)で最終日の女子個人戦重量4階級の競技が行われた。

70kg級は3月の全国高校選手権無差別を制した朝飛真実(桐蔭学園高)が初優勝。1回戦から準決勝までの4試合をすべて「一本」で勝ち上がり、山場と目された準決勝では同大会で決勝を争った昨年度王者・桑形萌花(須磨学園夙川高)と熱戦。7月の金鷲旗大会では大将戦と代表戦の8分間では勝負がつかず旗判定まで縺れたカードだが、「相手が背中を抱いてくるだろうと、しっかり対策をしていた」と粘り強く戦い、GS延長戦に左内股「技有」を得て勝利。決勝は山本杏(藤枝順心高)の右小外掛を透かし、大きく踏み込んでの左小外掛に切り返して「技有」確保。以降は担ぎ技を狙う相手を深追いせずリードを保ったまま試合を終えた。

「高校選手権が終わった瞬間から、インターハイ、インターハイとこの大会のことばかり考えていた」という朝飛はどうしても欲しかったタイトルを手にしてまさに破顔。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月13日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る