PAGE TOP ↑
eJudo

女子団体戦ベスト16決まる、V候補富士学苑は2試合を3-0の圧勝スタート・第68回インターハイ柔道競技女子団体試合

(2019年8月11日)

※ eJudoメルマガ版8月11日掲載記事より転載・編集しています。
女子団体戦ベスト16決まる、V候補富士学苑は2試合を3-0の圧勝スタート
第68回インターハイ柔道競技女子団体試合
eJudo Photo
1回戦、富士学苑高の先鋒黒田亜紀が北海高・山田園華から大外刈「一本」

→→組み合わせ(外部サイト)ー
→女子団体プレビュー

取材・撮影:eJudo編集部

第68回インターハイ柔道競技(全国高等学校総合体育大会柔道競技・全国高等学校柔道大会)は11日、鹿児島アリーナ(鹿児島市)で、男子個人戦に引き続き女子団体試合がスタート。

この日は2回戦までの競技が行われ、富士学苑高(山梨)、敬愛高(福岡)、桐蔭学園高(神奈川)、須磨学園夙川高(兵庫)ら優勝候補と目される強豪が順当にベスト16に進んだ。

富士学苑は北海高(北海道)と北陸高(福井)をそれぞれ3-0で破る圧勝。敬愛も強豪・帝京高(東京)をまったく寄せ付けず先鋒有瀬心里と中堅松澤佑栞のあっという間の「一本」をテコに2-0で勝ち抜けた。

補欠に取り置いていた桑形萌花の配置が注目されていた須磨学園夙川は、中堅投入を選択。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る