PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]竹市大祐圧勝で春に続く2冠、斉藤立は決勝で高橋翼下して連覇達成・第68回インターハイ柔道競技男子個人試合

(2019年8月11日)

※ eJudoメルマガ版8月11日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]竹市大祐圧勝で春に続く2冠、斉藤立は決勝で高橋翼下して連覇達成
第68回インターハイ柔道競技男子個人試合(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
81kg級決勝、竹市大祐が老野祐平から袖釣込腰「一本」

取材・撮影:eJudo編集部
→男子個人戦全試合結果(eJudoLITE)

第68回インターハイ柔道競技(全国高等学校総合体育大会柔道競技・全国高等学校柔道大会)は11日、鹿児島アリーナ(鹿児島市)で日程3日目の男子個人戦重量4階級の競技が行われた。

81kg級は全国高校選手権2連覇者・竹市大祐(大牟田高)が圧勝。準決勝では菅原幸大(柴田高)の小外掛に応じた投げの打ち合いで危うくポイントを失いかける場面があったが、これ以外はまさに他を寄せ付けず。菅原をGS延長戦の背負投「技有」で振り切ると、決勝は前戦で増地遼汰朗(安田学園高)を破った老野祐平(長崎日大高)を翻弄、鮮やかな袖釣込腰「一本」で優勝を決めた。

「監督の『2階級上の選手を投げられれば同階級には負けない』という言葉を信じて、ひたすら三人打ち込みで技を作った」という竹市は、今大会も個人戦のことは考えず団体戦用の練習に徹していたとのこと。恩師の言葉を証明する形で、高校3つ目のタイトルを手にした。「まだ力で投げれてしまっているところがあるので、これでは大学やシニアでは通用しなくなる。もっと技術を磨かないといけない」とコメントした、意識の高さが印象的だった。

連覇を狙う斉藤立(国士舘高)と高校選手権無差別王者高橋翼(作陽高)の対決に沸いた100kg超級は、斉藤が優勝。決勝までを4戦合計100秒、準決勝の全日本カデ90kg超級王者菅原光輝(東海大相模高)を37秒大外刈「一本」で仕留める圧勝で勝ち上がった斉藤だが、決勝で相対した高橋には苦戦。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る