PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]国士舘4度目の「三冠」達成なる、2点先行の大牟田は大熱戦演じるも僅かに及ばず・第68回インターハイ柔道競技男子団体試合

(2019年8月10日)

※ eJudoメルマガ版8月10日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]国士舘4度目の「三冠」達成なる、2点先行の大牟田は大熱戦演じるも僅かに及ばず
第68回インターハイ柔道競技男子団体試合
eJudo Photo
代表戦、国士舘高の斉藤立が大牟田高・森健心から大外刈「一本」

→男子団体全試合結果(eJudoLITE)
取材・撮影:eJudo編集部

第68回インターハイ柔道競技(全国高等学校総合体育大会柔道競技・全国高等学校柔道大会)は10日、鹿児島アリーナ(鹿児島市)で大会第2日目の男子団体試合決勝までの競技が行われ、国士舘高(東京)が優勝を飾った。同校の優勝は3年ぶり15度目、既に3月の全国高等学校柔道選手権と7月の金鷲旗大会を制している同校はこれで今期の高校「三冠」をすべて獲得、世田谷学園高を抜いて史上最多となる4度目の三冠達成となった。

決勝の相手は、前2大会に続き最大のライバル大牟田高(福岡)。大将に絶対のエース斉藤立を座らせる国士舘に対し、大牟田はポイントゲッター3枚を前衛に纏める先行逃げ切りの前重心オーダーを組んだ。

この積極策が嵌り、先鋒戦は竹市大祐が岡田陸から18秒巴投「一本」、次鋒戦は石本慎太郎が道下新大から40秒大外刈「一本」と大牟田があっという間に2点をリード。大牟田はここでエース森健心が登場、一方の国士舘はここで補欠登録の林将太郎が対峙するという大ピンチに陥ったが、林は奮闘。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る