PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]60kg級近藤隼斗が2連覇達成、激戦73kg級は有馬雄生が初優勝・第68回インターハイ柔道競技男子個人試合

(2019年8月10日)

※ eJudoメルマガ版8月10日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]60kg級近藤隼斗が2連覇達成、激戦73kg級は有馬雄生が初優勝
第68回インターハイ柔道競技男子個人試合(60kg級、66kg級、73kg級)
eJudo Photo
73kg級決勝、有馬雄生が田中裕大を相手に「やぐら投げ」からの内股で「技有」を奪う

取材・撮影:eJudo編集部

第68回インターハイ柔道競技(全国高等学校総合体育大会柔道競技・全国高等学校柔道大会)は10日、鹿児島アリーナ(鹿児島市)で日程2日目の男子個人戦軽量3階級の競技が行われた。

60kg級は昨年の全国高校選手権とインターハイを制した近藤隼斗(佐賀商高)が優勝。決勝はGS延長戦の末に、全日本カデ王者・辻岡慶次(大成高)の左小内刈を返して「技有」確保、見事2連覇を決めた。

この日の近藤は非常に落ち着いた柔道を披露。昨年まではとにかく投げんと強引に仕掛ける場面が目立ったが、「圧勝しなければいけないというプレッシャーを考えず、自分の柔道をしっかり貫くことだけを心掛けた」と丁寧な組み手と緩急の効いた試合運びで結果としては「一本」を連発。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る