PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】第68回インターハイ柔道競技・女子個人戦7階級ひとこと展望

(2019年8月8日)

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】第68回インターハイ柔道競技・女子個人戦7階級ひとこと展望
eJudo Photo
3連覇を狙う古賀若菜。いまや活躍の舞台は世界に移りつつある。

→第68回インターハイ柔道競技組み合わせ(公式サイト)

文責:古田英毅

■48kg級 3連覇に挑む古賀若菜が主役

4月の全日本選抜体重別を制して体重別国内最強選手の称号を手にしたばかりか、先月初旬のグランプリ・モントリオールでワールドツアー初出場・初優勝の偉業を成し遂げた古賀若菜(南筑高)が主役。この大会でインターハイ3連覇の偉業に挑む。

かつてはその運動能力の高さや反応速度の速さを前面に押し出し、誰もが田村(谷)亮子を想起する組み際ベースの担ぎ技ファイターであった古賀だが、中学時代後半の失速を経てスタイルチェンジ。反応の速さはそのままに異常なほどの体幹の強さを前面に押し出し、前述のグランプリ・モントリオールでは五輪王者パウラ・パレト(アルゼンチン)やカタリナ・コスタ(ポルトガル)ら名だたるパワーファイターを振り回し、潰して圧倒して見せた。強い体幹で弾き続け、多彩な形の大内刈を使いこなすその様は軽量級の強者というより、むしろ南筑高の先輩・78kg超級日本代表の素根輝を彷彿とさせる。アップセットが起こりやすい切った張ったの組み手争いや技比べとは一段異なるステージに登った古賀に、高校カテゴリにもはや敵はいないと観測しておくのが事前観測としては妥当。

対抗一番手は昨年度インターハイで決勝を争い、3月の高校選手権では52kg級で優勝を飾った白石響(熊本西高)。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る