PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】第68回インターハイ柔道競技・男子個人戦7階級ひとこと展望

(2019年8月7日)

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】第68回インターハイ柔道競技・男子個人戦7階級ひとこと展望
→第68回インターハイ柔道競技組み合わせ(公式サイト)

文責:古田英毅

■ 60kg級 近藤隼斗と福田大晟、2人の高校王者の対決が軸
eJudo Photo
連覇を狙う近藤隼斗

昨年全国高校選手権とインターハイを立て続けに制し、今大会で連覇を狙う近藤隼斗(佐賀工高)が優勝候補の筆頭。3月の高校選手権は欠場したが、その投げカンの良さと取り味の高さ、警戒されてなお投げて勝負を決めんとする執念はやはり非凡なものがある。これに、その近藤不在の高校選手権を素晴らしい内容で制した福田大晟(比叡山高)が対抗するというのがトーナメントの大きな構図。福田は初戦で中島瑞貴(西日本短大附高)、2回戦で長尾光真(修徳高)と連戦する厳しい序盤戦をまずしっかり勝ち上がりたい。

過去の成績から弾き出すのであれば有力選手は枚挙に暇がないが、全日本カデ王者の辻岡慶次(大成高)、佐藤優磨(広陵高)、関本賢太(市立習志野高)の名は敢えて挙げておきたい。辻岡は体落を軸とした攻撃力と自らを高く買える気持ちの強さが非凡。佐藤は全日本カデ55kg級の王者で、体格に似合わぬパワーが売り。試合慣れの面でまだ難があると見受けるが、軽中量級の選手をも振り回す膂力に注目。関本は少年柔道時代から将来を嘱望されてきた有望株で試合力の高さが売り、今大会は高校選手権2位の濱田大樹(木更津総合高)を「一本」で破っての全国大会進出。

組み合わせは近藤と関本が同山で、準決勝でマッチアップ濃厚。辻岡と佐藤が準々決勝で、その勝者が準決勝で福田と対戦という形。

■ 66kg級 唯野己哲が高校選手権に続く優勝狙う
eJudo Photo
高校選手権を制した唯野己哲

混戦階級であるが、3月の全国高校選手権を制した唯野己哲(木更津総合高)を優勝候補の筆頭と規定しておくべきだろう。機動力と常に攻められるスタミナ、投げ勘の良さに捨身技からの寝技と引き出しが揃った非常に軽量級らしい選手だ。1年生ながら4月の全日本カデを凄まじい勝ちぶりで制した福田大和(平田高)がどこまでやれるかも楽しみ。この福田と3回戦で戦う山に配された前代のカデ王者田中龍馬(佐賀商高)の対戦は、序盤戦の最注目カード。福田が投げるか田中が封じるか、タイプ異なる強者による好試合に期待。

■ 73kg級 高校選手権の覇者田中裕大が軸、人材揃った激戦区
eJudo Photo
V候補筆頭は田中裕大

有力選手打ち揃った激戦階級。その中にあっても全国高校選手権を制した田中裕大(大牟田高)の力が一段抜けているように感じられる。中学時代からセンスの高さを見せつけていた投げ一発が最大の武器であったが、高校選手権では敢えてその好戦的な取り口を制御。足技に寝技と手堅い戦いぶりで「確実に勝ちに行った」ように見受けられた。今回は2戦目で伊藤栄都(四日市中央工高)と対戦するなかなか厳しい序盤戦配置だが、全体でみれば強豪は逆側に密度高く集中。準決勝はカデ王者小田桐美生(国士舘高)か新井大翔(東海大甲府高)との対戦ということになるのではと思われるが、決勝進出までは濃厚。

田中を追うのが北條嘉人(木更津総合高)、有馬雄生(東海大相模高)、高校選手権2位の石原樹(前橋商業高)。全日本カデ2位の朝田隼(東海大仰星高)も出場しているが、層の厚い階級ゆえこれら高校カテゴリで実績を残している強者を凌ぐのは容易ではない。もう1人の注目株は朝田と2回戦でマッチアップ予定の鹿志村仁之介(水戸葵陵高)。柔術も修行しており得意技は腕挫十字固、高校選手権3位の旭征哉(つくば秀英高)を押しのけての(※直接対決はなし)出場である。

■ 81kg級 魅力的な選手Cブロックに揃う、V候補筆頭は竹市大祐
eJudo Photo
竹市大祐は高校カテゴリ3つ目の全国タイトル奪取に挑む

魅力的な選手が目白押し。蛍光マーカーの線でトーナメントが埋まってしまいかねない激戦階級だ。

V候補筆頭は高校選手権2連覇者竹市大祐(大牟田高)。かつては勝負にこだわるがゆえの一種の偏狭さ、袖釣込腰に傾倒した不自由さも見受けられたが、金鷲旗大会では遠間に密着、前後左右に縦横と多種多様な作りと投げを披露。一段違うステージに進んだことを感じさせた。これだけ人材揃った81kg級にあっても、まずはこの人を推さざるを得ない。

竹市の逆側に、これを追うレベルの強者が集まった。全日本カデ王者の密着一発ファイター大竹龍之介(大成高)、センス溢れる投げで非常な伸びしろを感じさせる増地遼汰朗(安田学園高)、こちらも投げ一発が魅力の高校選手権ファイナリスト・小畑大樹(佐賀商高)。このうち、増地、大竹に加えて五十嵐勁太(羽黒高)と騰川雄一朗(神戸国際大附高)、小川剛生(延岡学園高)の強者5名が全てCブロックに配置。誰が勝ち上がるのかはまったく予断を許さない。

竹市のいるAブロックでは、杉本将一朗(北海高)と高橋真輝(横浜高)が戦い、この勝者と竹市がぶつかる3回戦が山。Bブロックはこちらもセンス抜群の昨年度全日本カデ王者・菅原幸大(柴田高)がベスト4での竹市挑戦を目指す。

■ 90kg級 戸高淳之介が軸の混戦
eJudo Photo
混戦の90kg級、軸はカデ王者の戸高淳之介

絶対的なV候補が見出しがたい。4月の全日本カデ体重別選手権を制した戸高淳之介(延岡学園)が軸となり、これに道下新大(国士舘高)と寺島悠太(津幡高)ら中学時代から鳴らした強者、さらに秦七伎(慶應義塾高)、池田凱翔(天理高)らが絡んで来る混戦と考えておくべきだろう。

戸髙の得意技は内股だが、足技も良く効き、寝技もしっかり出来るオールラウンダー。組み手や作りにもかなりの思考の跡が見て取られ、大崩れしないタイプと見受ける。初戦の弓矢健輔(四日市中央工高)、3回戦の毛利允弥(崇徳高)、そして準々決勝の秦と全体から見ても歯ごたえのある相手が続く組み合わせだが、まずはここをしっかり勝ち上がりたい。

■ 100kg級 グリーンカラニ海斗と森健心が2強、グリーンの山に強者集中
eJudo Photo
グリーンカラニ海斗がトーナメントを引っ張る

高校選手権無差別2位のグリーンカラニ海斗(日体大荏原高)と、大牟田のエース森健心が2強と規定できる。対決あるとすれば、決勝である。パワー型のグリーンは高校選手権時には粗さも目立ったが、この大会の入賞以降組み手に作りと方法論的な緻密さを増しており、金鷲旗大会の試合ぶりを見る限り今大会は優勝候補筆頭と規定していいだろう。一方主戦場であった90kg級から階級を上げた森は組み手と足技が生命線。こと、グリーン戦に関しては相手の組み手の粗さゆえ勝算が描けるが、この戦い方でどこまでスタミナを残せるかが課題。

ほか有力選手は福永夏生(崇徳高)、鈴木太陽(天理)、金澤聡瑠(木更津総合高)、工藤海人(東海大相模高)、嵐大地(作陽高)、山野井爽(埼玉栄高)、鈴木直登(田村)ら。このうち金澤、酒井、鈴木直登がAブロック下側に集められて3回戦まで潰し合い、しかも勝てば準々決勝でグリーンと対戦するという過酷な配置を引いた。

■ 100kg超級 斉藤立と高橋翼の再戦に期待
eJudo Photo
連覇に挑む斉藤立

eJudo Photo
高校選手権無差別の覇者・高橋翼

人材多き魅力的な階級だが、トーナメントを貫く軸は明確。2連覇を狙う斉藤立(国士舘高)と、高校選手権無差別王者・高橋翼(作陽高)の再戦なるか、そしてその様相は、ということにこの階級の主題は尽きる。正統派の斉藤、「抱いて、丸のみ」のパワー派高橋とその柔道は対象の妙。

金鷲旗大会準決勝、大将同士の対決における両者の対戦は斉藤の内股「一本」によるまさしく完勝。しかし投げられた高橋は直後川野一道監督に「次は勝つ」「見えた」と発言したとのこと。高橋最大の特徴である「良い意味での勘違い」発動の可能性は非常に高いが、そもそも中学時代ほとんど実績のなかった高橋がここまで階段を登ったのは同学年の超高校級・斉藤との乱取り1回における「勝てない相手ではない」との手ごたえが大きなきっかけと聞く。直接対決を経てどんな凄まじい「思い込み」を見せてくれるのか、楽しみは尽きない。

余談ながら。斉藤立を世界ジュニア選手権で2度投げたゲラ・ザアリシヴィリ(ジョージア)の柔道を見たことがあるであろうか。高校選手権団体戦展望でも書かせて頂いたが、その後ワールドツアーで2度優勝することになるこの新星ザアリシヴィリの柔道は高橋にそっくり。「丸のみ」のレベルではもちろんその上を行く。実は編集部内では勝手に「ジョージアの高橋翼」と呼称して久しいのだが、川野監督は金鷲旗直前からイメージトレーニングとして「お前はこいつになれ」とザアリシヴィリの映像を見せ続けていると聞く。直接対決を前に、もし時間があればファンの皆様にもぜひこの人の映像を見てみてもらいたい。

話を戻して。上位候補はカデ王者で成長著しい菅原光輝(東海大相模高)、中村雄太(東海大仰星高)、下田雄太(開星高)、服部大喜(大牟田高)、井上直弥(天理高)。このうち井上、中村、下田、加えて深井大雅(加藤学園高)が高橋と同じBブロックに配された。典型的な重量級が揃う中で、もし何かを起こせるとすれば下田の足技一発か、いずれ、高橋勝ち上がりの観測は揺るがない。

斉藤はDブロックで、準々決勝で服部大喜と山口隆乃(四日市中央工高)の勝者、準決勝はほぼ間違いなく菅原光輝との対戦。菅原が戦いやすい正統派であることもあるが、そもそも地力がまったく違う。こちらもまったくの無風と考えてよいだろう。

残るAブロックは人材が薄い。福本佑樹(崇徳高)、田川聖(埼玉栄高)らによる大混戦。

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る