PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】第68回インターハイ柔道競技・男子個人戦7階級ひとこと展望

(2019年8月7日)

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】第68回インターハイ柔道競技・男子個人戦7階級ひとこと展望
eJudo Photo
連覇を狙う近藤隼斗

→第68回インターハイ柔道競技組み合わせ(公式サイト)

文責:古田英毅

■60kg級 近藤隼斗と福田大晟、2人の高校王者の対決が軸

昨年全国高校選手権とインターハイを立て続けに制し、今大会で連覇を狙う近藤隼斗(佐賀工高)が優勝候補の筆頭。3月の高校選手権は欠場したが、その投げカンの良さと取り味の高さ、警戒されてなお投げて勝負を決めんとする執念はやはり非凡なものがある。これに、その近藤不在の高校選手権を素晴らしい内容で制した福田大晟(比叡山高)が対抗するというのがトーナメントの大きな構図。福田は初戦で中島瑞貴(西日本短大附高)、2回戦で長尾光真(修徳高)と連戦する厳しい序盤戦をまずしっかり勝ち上がりたい。

過去の成績から弾き出すのであれば有力選手は枚挙に暇がないが、全日本カデ王者の辻岡慶次(大成高)、佐藤優磨(広陵高)、関本賢太(市立習志野高)の名は敢えて挙げておきたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る