PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】優勝候補は先鋒にエース投入の富士学苑、大型揃えた敬愛と朝飛真実擁する桐蔭学園凌いで「三冠」制覇狙う・第68回インターハイ柔道競技女子団体戦展望

(2019年8月7日)

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】優勝候補は先鋒にエース投入の富士学苑、大型揃えた敬愛と朝飛真実擁する桐蔭学園凌いで「三冠」制覇狙う
第68回インターハイ柔道競技女子団体戦展望
eJudo Photo
三冠に挑む富士学苑高。写真は今回の本登録3人で全勝した昨冬の招待試合シリーズ時。

→第68回インターハイ柔道競技組み合わせ(公式サイト)

文責:古田英毅

高校女子の「三冠」大会はそれぞれがまったく違うレギュレーションで行われる。どの大会でも常に問われるのは総合力ということなのだが、体重無差別3人制点取り試合×代表戦任意選出、という方式で行われるこのインターハイは少数精鋭型のチームがパフォーマンスしやすい大会であり、そしてなにより現状3大会のうちもっとも「絶対的なエースの保有の有無」の意味が大きい大会であると言っていい。トータル3ポジションしかなく1点の価値が比類なく重い、かつ最大(代表戦を含めて)エース1枚で2点獲得までの仕事を為し得るこのインターハイではエースの質と、そしてその配置が決定的な要素になるのだ。

というわけで例年この女子団体戦は配列開示を待ってからの展望リリースということになっているのだが、この事情を頭に置いた上で、まずは優勝を狙うレベルの有力校を簡単に紹介したい。

優勝候補筆頭はここまで全国高校選手権、金鷲旗大会を制して今大会で「三冠」制覇の偉業に挑む富士学苑高(山梨)。もともとは軽量級から重量級まで全方位性の選手がずらり揃った「粒」の厚さとしぶとさで勝負する総合力型のチームなのだが、ここに来てエースの黒田亜紀の取り味が増し、明確なポイントゲッターを得たことでチーム全体として一段高いレベルに登ったように見受けられる。平野友萌、瀬戸亜香里、そして63kg級の小齊穂奈美と、この無差別レギュレーションでもその陣容は非常に厚い。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る