PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】国士舘が「最難関」の点取りレギュレーション乗り越え三冠獲りに挑戦、ライバル大牟田は試練の組み合わせ引く・第68回インターハイ柔道競技男子団体戦展望

(2019年8月7日)

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。
国士舘が「最難関」の点取りレギュレーション乗り越え三冠獲りに挑戦、ライバル大牟田は試練の組み合わせ引く
第68回インターハイ柔道競技男子団体戦展望
eJudo Photo
悲願の「三冠」達成に挑む国士舘高

→第68回インターハイ柔道競技組み合わせ(公式サイト)

文責:古田英毅

高校柔道の夏の祭典、年間最大イベントにして「三冠」最後の大会となる第68回インターハイ柔道競技(全国高等学校総合体育大会柔道競技・全国高等学校柔道大会)の開幕がいよいよ明日、9日に迫った。九州・鹿児島の地で今年も計5日間にわたる熱戦が繰り広げられる。

優勝候補筆頭は、エース斉藤立を擁しここまで全国高校選手権と金鷲旗高校柔道大会をいずれも制した国士舘高(東京)。斉藤の周囲を固める布陣も藤永龍太郎、道下新大、そして長谷川碧と昨年の「二冠」経験者らを軸に、成長著しい2年生の岡田陸、負傷から復帰した林将太郎と骨が太い。歩留まり良く一発もある藤永と道下、メンタルと受けの脆さはあるが一発の破壊力抜群の長谷川と林、加えてチームに勢いを与える役割を担ってきた元気者・岡田と、いずれも他校なら間違いなく主役級。

ただし「抜き試合」レギュレーションにおける同校の絶対性に比すれば、今大会は他校にもチャンスあり。なんのかんので斉藤1枚という図抜けたカードを存分に駆使し、「最後は全部抜く」と斉藤が盤面全体ににらみを利かせ、実際に最終的には斉藤が出動して勝負を決めて来た(2大会とも決勝では斉藤が出動)その戦いぶりを考えれば、斉藤がフルに働いても1点は1点、というこの点取りレギュレーションでしか国士舘攻略はありえないとすら言える。

現実的にこれを実現しうるとすれば、両大会ともに国士舘と決勝を争った西の横綱・大牟田高(福岡)しかありえない。高校選手権81kg級2連覇者竹市大祐と100kg級に階級を上げた森健心のエース2枚を軸に、服部大喜、石本慎太郎、久保田皓晴と隙の少ない陣容だ。金鷲旗大会では竹市が大活躍、左右に担ぎ、遠間から飛び込むかと思えば密着して落とし、縦に捨てるかと思えば横にもろとも転がってとその柔道まさに変幻自在。見ているだけで面白い、一段ステージの違う取り味を見せていた。もともと、実は今季の大牟田の強さの因はなによりその組み手の手堅さ。昨冬、国士舘高・岩渕公一監督に大牟田の印象を聞いたところ、「『絞り』が強烈」と即答したことが思い出されるが、相手に持たせず自分だけが持ち、力で力を制して実力差以上の派手な「一本」を生み出すのがこのチームもともとの持ち味である。その代表格が、ますます「持たせないまま足技」志向を強める森であり、圧力と際の巧さに傾斜する服部ということになるわけだが、ここに来て竹市の進化と、伸びやかな柔道を繰り広げる2年生石本の急成長がチームに幅の広さを与えている。大牟田は、明らかに、強くなっている。

高校選手権無差別王者「丸飲みモンスター」高橋翼を擁する作陽高(岡山)、重量軽量と魅力的な駒を揃えて総合力の高い木更津総合高(千葉)、古豪復活が現実的なものとなりつつある東海大相模高(神奈川)ら強豪は数あれど、事前展望の段階でこのインターハイを貫く軸は「国士舘-大牟田」の2強対決と規定してよいだろう。

しかし両校の組み合わせはくっきり明暗。対戦があるとすれば決勝であるが、比較的戦い易い山に置かれた国士館に対し、大牟田が配されたのは木更津総合と東海大相模に加え、福井工大福井高(福井)、東海大仰星高(大阪)、大成高(愛知)、延岡学園高(宮崎)と12の席に全国ベスト8以上を狙えるレベルの実力校が7つ配された最激戦区。しかも初戦が木更津総合という、凄まじい配置である。

国士舘が今季、敗戦直前まで追い込まれたのは点取りレギュレーションの2試合。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る