PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】国士舘が「最難関」の点取りレギュレーション乗り越え三冠獲りに挑戦、ライバル大牟田は試練の組み合わせ引く・第68回インターハイ柔道競技男子団体戦展望

(2019年8月7日)

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。
国士舘が「最難関」の点取りレギュレーション乗り越え三冠獲りに挑戦、ライバル大牟田は試練の組み合わせ引く
第68回インターハイ柔道競技男子団体戦展望
eJudo Photo
悲願の「三冠」達成に挑む国士舘高

eJudo Photo
エース斉藤立は無敵の強さ。写真は金鷲旗大会決勝、高校無差別王者の高橋翼から内股「一本」

→第68回インターハイ柔道競技組み合わせ(公式サイト)

文責:古田英毅

高校柔道の夏の祭典、年間最大イベントにして「三冠」最後の大会となる第68回インターハイ柔道競技(全国高等学校総合体育大会柔道競技・全国高等学校柔道大会)の開幕がいよいよ明日、9日に迫った。九州・鹿児島の地で今年も計5日間にわたる熱戦が繰り広げられる。

優勝候補筆頭は、エース斉藤立を擁しここまで全国高校選手権と金鷲旗高校柔道大会をいずれも制した国士舘高(東京)。斉藤の周囲を固める布陣も藤永龍太郎、道下新大、そして長谷川碧と昨年の「二冠」経験者らを軸に、成長著しい2年生の岡田陸、負傷から復帰した林将太郎と骨が太い。歩留まり良く一発もある藤永と道下、メンタルと受けの脆さはあるが一発の破壊力抜群の長谷川と林、加えてチームに勢いを与える役割を担ってきた元気者・岡田と、いずれも他校なら間違いなく主役級。

ただし「抜き試合」レギュレーションにおける同校の絶対性に比すれば、今大会は他校にもチャンスあり。なんのかんので斉藤1枚という図抜けたカードを存分に駆使し、「最後は全部抜く」と斉藤が盤面全体ににらみを利かせ、実際に最終的には斉藤が出動して勝負を決めて来た(2大会とも決勝では斉藤が出動)その戦いぶりを考えれば、斉藤がフルに働いても1点は1点、というこの点取りレギュレーションでしか国士舘攻略はありえないとすら言える。

eJudo Photo
高校選手権、金鷲旗ともに国士舘と決勝を争った大牟田高。

eJudo Photo
竹市大祐は金鷲旗大会で縦横無尽の活躍、優秀選手賞を得た

eJudo Photo
2大会連続でベスト4入りの作陽高

eJudo Photo
「掴まえて、捨てる」エース髙橋翼の取り味は異常なレベル

現実的にこれを実現しうるとすれば、両大会ともに国士舘と決勝を争った西の横綱・大牟田高(福岡)しかありえない。高校選手権81kg級2連覇者竹市大祐と100kg級に階級を上げた森健心のエース2枚を軸に、服部大喜、石本慎太郎、久保田皓晴と隙の少ない陣容だ。金鷲旗大会では竹市が大活躍、左右に担ぎ、遠間から飛び込むかと思えば密着して落とし、縦に捨てるかと思えば横にもろとも転がってとその柔道まさに変幻自在。見ているだけで面白い、一段ステージの違う取り味を見せていた。もともと、実は今季の大牟田の強さの因はなによりその組み手の手堅さ。昨冬、国士舘高・岩渕公一監督に大牟田の印象を聞いたところ、「『絞り』が強烈」と即答したことが思い出されるが、相手に持たせず自分だけが持ち、力で力を制して実力差以上の派手な「一本」を生み出すのがこのチームもともとの持ち味である。その代表格が、ますます「持たせないまま足技」志向を強める森であり、圧力と際の巧さに傾斜する服部ということになるわけだが、ここに来て竹市の進化と、伸びやかな柔道を繰り広げる2年生石本の急成長がチームに幅の広さを与えている。大牟田は、明らかに、強くなっている。

高校選手権無差別王者「丸飲みモンスター」高橋翼を擁する作陽高(岡山)、重量軽量と魅力的な駒を揃えて総合力の高い木更津総合高(千葉)、古豪復活が現実的なものとなりつつある東海大相模高(神奈川)ら強豪は数あれど、事前展望の段階でこのインターハイを貫く軸は「国士舘-大牟田」の2強対決と規定してよいだろう。

しかし両校の組み合わせはくっきり明暗。対戦があるとすれば決勝であるが、比較的戦い易い山に置かれた国士館に対し、大牟田が配されたのは木更津総合と東海大相模に加え、福井工大福井高(福井)、東海大仰星高(大阪)、大成高(愛知)、延岡学園高(宮崎)と12の席に全国ベスト8以上を狙えるレベルの実力校が7つ配された最激戦区。しかも初戦が木更津総合という、凄まじい配置である。

国士舘が今季、敗戦直前まで追い込まれたのは点取りレギュレーションの2試合。1つは12月の若潮杯決勝、斉藤を大将に残しながら中堅までに2敗を喫し、副将道下の起死回生の「技有」で首を繋ぎ、そのまま斉藤が大将戦、代表戦と2連勝してなんとか逆転した東海大相模戦。もう1つは6月の東京都予選準決勝、各校が斉藤を避けるべく主戦を先鋒に配する中「エースでエースを潰す」策に出た国士舘が吸い寄せられるように先鋒に斉藤を送り込み、結果タイスコアのまま本来「当て馬」であったはずの一年生入来院大樹が大将戦で、それもタイプ噛み合わぬ担ぎ系選手相手に出動することとなってしまった修徳戦(余計なことながら、「ドカベン」明訓高校対弁慶高校における「1番・山田」策を想起したのは筆者だけではないはずだ。事後同調者が多かったので蛇足ながら一応記す)。前者は悠揚斉藤を大将に残したところが「斉藤登場までに2点リード」と眦を決した相手を前衛がさばき切れず、後者は斉藤登場後にひたすら追われる展開となって土俵際まで追い込まれたわけだが、これでわかる通り、大牟田勝利に必要なのは何より「配列の妙」である。大牟田が配列を嵌めれば、国士舘に勝つ可能性は飛躍的に上がる。というよりも、嵌めねば勝利はおぼつかない。

しかし、木更津総合と初戦、続いて福井工大福井に東海大相模(東海大仰星、大成)と連戦するという組み合わせでは、対国士舘戦のみにヤマを張ったカスタムオーダーは危険。どこまで「しっかり勝ち上がる」堅陣に寄せるのか、どのレベルまで「国士舘に勝つためだけ」の意志を反映できるのか。

というわけで、このインターハイ最初の楽しみは、大会前日の監督会議におけるオーダー順の開示である。斉藤戦をうまく「捨てて」、他で捲ろうとするであろう大牟田、出来得れば斉藤でエース格を潰して差し引き2点の上積みを得たい国士舘、両軍がどのような配列で臨み、どう当日に入れ替えてくるか。まことに楽しみである。

全体を眺めれば、大牟田ブロック(Cブロック)への極端な強豪集中を受けて、他ブロックは栄光のベスト8入りを巡って各校非常にモチベーション高く臨める状況にある。例によってトーナメントを4つに割って簡単に組み合わせを紹介しておきたい。

蛇足ながら。出場校を眺めて興味深いのは、有力県の代表が高校選手権とかなり入れ替わっていること。いずれも良いチームを作って高校選手権では印象的な活躍を見せていた長崎南山高(長崎)、四日市中央工高(三重)、白鴎大足利高(栃木)を破って、それぞれ長崎日大高、名張高、國學院大栃木高が出場の栄を勝ちとっている。悔しさをバネに成長できる高校生の若さと可能性、そして決して実力通りにはいかないライバル校同士の戦いというそれぞれの県独特の「磁場」が感じられる。これぞ、インターハイである。

■ Aブロック
上側の山に天理高(奈良)と国士舘高(東京)がおり、両校激突の3回戦が初日の山場。天理は2回戦で下田雄太を擁する開星高(島根)と、国士舘は1回戦で青森北高(青森)、2回戦で東海大諏訪高(長野)と対戦する。天理は闘将・池田凱翔と本格派重量級の井上直弥という昨年インターハイ制覇時のレギュラーが軸、急成長の2年生鈴木太陽を筆頭に全体として柔道の質が良く、本来であればこのインターハイでベスト8以上を狙える好チーム。しかし国士舘と伍するにはあと一歩成長の時期が間に合わなかったという印象。勝ち上がりは、国士舘。

下側の山は、神戸国際大附高(兵庫)に注目。全員が中学時代は全国大会での活躍ほぼない選手であるが兵庫県大会は個人戦も全階級制覇。異常な育成力の高さがチームの強み、今年も金鷲旗を休んで力を練り続け、このインターハイに集中している。81kg級の騰川雄一朗を軸に、今大会の数少ない「確変」要素を孕んだチームである。戦線長く太いがゆえに、国士舘といえど決して油断はならない。いったいどれだけの力を見せてくれるのか、まずは初戦、強豪・名張との対戦が楽しみである。

■ Bブロック
Dブロック上側と同じく、上側の山は高校選手権と金鷲旗でベスト8以上に入ったチームがいない、これぞ「功名地獄」の大混戦ブロック。個性派を揃えた加藤学園高(静岡)と、全九州大会2位の鹿児島情報高(鹿児島)が対戦する2回戦が最大の山場である。

下側の山は崇徳高(広島)と、埼玉栄高(埼玉)が2強。崇徳は岡豊高(高知)との1回戦のあと、長崎日大高(長崎)との対戦を経て埼玉栄との3回戦が待ち受ける。

崇徳はエース福永夏生にいまひとつ元気がないが、福本佑樹を中心にその陣容やはり骨太。埼玉栄も形上山野井爽がエースであるが、どちらかというと総体戦力の高さで勝ち抜くタイプのチームだ。駒のバラエティでは埼玉栄だが、隙の少なさで崇徳やや有利、エースの働きが勝負を分けると見ておきたい。ブロック全体の勝ち上がり候補としては崇徳を推しておく。

■ Cブロック
ここだけで全国大会が完結してしまうのではという勢いの超激戦区。シード校制度実施以後では稀に見る組み合わせの偏りである。

上側の山では初戦で大牟田と木更津総合が激突。木更津総合にはエース金澤聡瑠に稲辺嵩斗、大牟田には森健心に服部大喜と、双方大型相手に取ることも守ることも出来る駒が揃うが、勝負を分けるのは木更津の北條嘉人と唯野己哲、大牟田にあっては竹市大祐と「軽量で機動力のある」カードになるのではないだろうか。大牟田としてはいずれかに竹市を止められ、いずれかに大型が掻き回されるという展開がもっとも嫌なはず。勝ち上がり候補は大牟田だが、配列次第では揉める可能性も十分。

大牟田は3回戦で福井工大福井高(福井)と対戦。酒井晃輝を擁する好チームだが、全体に攻撃型ゆえ大牟田にとっては逆に戦い易い相手になるのではないだろうか。封じて、獲る、という大牟田の特性と力を考えると、純実力差以上に点差が開く可能性もある。

下側の山は予想困難。東海大相模高(神奈川)が沖縄尚学高(沖縄)と新田高(愛媛)を破って3回戦に進むところまでは既定路線。東海大仰星高(大阪)と大成高(愛知)、延岡学園高(宮城)とのマッチレースはそれぞれ中村雄太、大竹龍之介、戸高淳之助という軸があってかつ戦力の凹凸があるゆえ、配列開示前の予想はなかなか難しい。エースの戦闘力では東海大仰星に分があり、総体戦力では延岡学園も面白い水準にあるが、ここは金鷲旗で示した全員の戦闘力向上と大竹の「試合を動かす力」を買って、大成を推しておきたい。

大成と東海大相模の3回戦。双方、攻撃カードに長所と裏腹の弱点が同居する。大竹はその攻撃力の高さの一方、密着志向ゆえの底が抜けるような一発を食らうリスク。東海大相模にあっては菅原光輝の伸びやかな柔道と質の良さゆえの後の先の狙われやすさ、有馬雄生と近藤那生樹の機動力と裏腹の軽さ、山本銀河の白黒ハッキリし過ぎるメンタル。とこういう「表と裏」を孕んだ選手は東海大相模のほうが多いのだが、配列定かならぬこの段階では、この選手のタイプのバラけぶりが、どちらかというと歩留まり高い大成の戦線を全体としては浸食していくと読んでおきたい。バランサーとして重石役も抜き役もこなせる工藤海人の存在も買いだ。

準々決勝カードは大牟田-東海大相模と考える。東海大相模はタイプ的に面白い選手を揃えたが、ここまでの戦いを見ると地力の面で大牟田には分が悪いのではないだろうか。力強く、かつ、「封じて、一方的に掛ける」志向の大牟田には、たとえば同タイプの戦いが出来る工藤、かみ合わせによっては逆に力関係関係なしのハシゴを掛けられる近藤や有馬は面白いが、戦線全体の「面」では押し負けていくのではないか。東海大相模が望むようなエキサイティングな展開ではなく、意外に地味な展開で着々大牟田が差を開いていくというのが、配列順開示前の穏当な読み。この展開に加え、たとえば配列嵌った竹市が派手な投げを見せるようなことがあれば東海大相模は沈黙せざるを得ない。東海大相模の面々が、タイプにバラエテイあれど比較的封じ方がわかりやすいオーソドックスタイプが揃うことも大牟田を利すると見る。ベスト4は、大牟田。

■ Dブロック
上側は前述の通り、大混戦の「功名地獄」である。北海高がベスト8入りの第一候補、展開次第では羽黒高(山形)にもチャンスあり、

下側の山は、トーナメント全体でみれば作陽高(岡山)が戦い易い組み合わせを引いたという形。ただし佐賀商高(佐賀)と2回戦を戦い、田村高(福島)か國學院栃木高(栃木)とベスト8入りを争わねばならぬという、油断のならない配置でもある。

勝ち上がり候補は高校選手権と金鷲旗でいずれも3位入賞の作陽だが、ワントップである高橋翼が抜きまくることで2大会を勝ち上がったこのチーム、国士舘における斉藤立以上にその依存度高く勝ち上がった今代作陽が点取りレギュレーションでどこまで戦えるか。副将格の嵐大地以下、「兄以上の『うざさ』」(川野一道監督談)で金鷲旗のレギュラーを務めた高橋寛や佐藤良平ら、周囲を固めるメンバーはどちらかというと「強い選手に強い」タイプ。どんな相手にも取り味を発揮できるという型ではない。この中では比較的強さをきちんと試合に反映できる嵐にいまひとつ元気がないことも気がかりで、たとえば5枚全員に水準以上の戦闘力とオーソドックスな技に嵌らない「取り味」があるチームを相手にすると思わぬ苦杯を喫する可能性は常にある。

その意味では、エース小畑大樹の取り味抜群の佐賀商以上に、面倒なのは田村ではないだろうか。2点確保に眦決した鈴木直登らが「面」で襲い掛かってくるこの試合はベスト4入りに向けて、大きな山場だ。

田村にとっても、ベスト8の実力ありと謳われた充実代の最後の大会。厳しい組み合わせだが、高校選手権で崇徳、金鷲旗で天理に敗れたその来歴を考えれば、ここまでの「入賞なし」の序列は受け入れざるを得ないはず。その力を証明するには、ここで作陽を打倒するしかない。さすれば一気のベスト4入りも見えてくる。

作陽-北海。北海はこれも「面」で押せるタイプの好チームだが、粘戦タイプ揃う作陽を相手にするには逆に柔道の質が良すぎる印象もあり。作陽のペースに嵌らずやりたいことが出来るかどうかが焦点だが、ここはロースコアゲームの末に作陽が勝ち上がるというシナリオを推しておきたい。

いずれ作陽は、歯ぎしりするようなロースコアゲームを高橋による1点積み上げでなんとかモノにしていく、という精神的に厳しい試合の連続になるはず。そこでペースを崩さず、平然と戦い切れるかどうか、チームマネジメントが上位進出の鍵だ

■ 準決勝~決勝
この段階でのベスト4予想カードは以下。

国士舘高(東京) - 崇徳高(広島)
大牟田高(福岡) - 作陽高(岡山)

このステージに関しては、あくまでこの段階での話ではあるが、比較的様相読みやすい印象。

国士舘-崇徳。崇徳は隙の少ないチームであるが、今代はその特性が全体に良く出て、歴代必ず混ざる力関係を覆すような確変カードが見出しがたい。かつ、個々の地力では国士舘が上。斉藤立抜きの国士舘を相手に0-5に収着した12月の松尾三郎杯準決勝の結果(この際、福永夏生は長谷川碧に内股「一本」で敗れ、福本佑樹は岡田陸に縦四方固「一本」で敗れている)を、勝敗を揺るがすところまで変える材料はないと考えるのが妥当だ。少なくとも国士舘の勝利は確実。

大牟田-作陽。作陽の周辺戦力は「強い相手に強い(粘る)」タイプが揃い、たとえば国士舘には純実力以上に戦える可能性が高いが、封じて、かつ取りに来る、つまりは勝てる相手に徹底的に強い今代大牟田には分が悪いと読んでおくしかない。高橋1枚が「一本」を出来れば竹市、服部クラスから(作陽としては森以上にこの2人がやりにくいと読む)、それも精神的に相手をたじろがせるような勝ちぶりで退けることは絶対条件。その上で残る4人が防衛線を張るということになるが、チームの意思統一が取れていて地力が高い大牟田が2点必須で押してきた場合、これを耐え切ることは難しいのではないか。昨年のインターハイの審判がテクニカルファウルに厳正で国際基準に則ってしっかり「指導」を取る傾向にあったことも(これは好ましい傾向であり、遅ればせながら支持する)この観測を後押しする。ロースコアゲームなら上々、配列と展開によっては大差すらありうる。

ただし作陽にとってのアドバンテージは、同じロースコアゲームでも序盤戦は歯ぎしりするような苦しい思いをしていたこの展開が、この上位ステージでは逆に盛り上がる材料になること。引き分けを重ねるたび、1シークエンス凌ぎ切って「待て」が掛かる度に沸き、加速するであろうチームの勢いに期待したい。

決勝であるが、冒頭書かせて頂いた通り最重要素は配列順。オーダー開示前のこの時点で様相を読むことは困難であるし、例年に比べればその意味は薄い。

ただしこの時点で確実に言えるのは、大牟田にとっては点取りレギュレーション初対戦となるこのインターハイが最大のチャンスであることと、配列を嵌めない限り勝利はおぼつかないこと。出来得れば斉藤には、竹市・森・服部の3枚以外を当ててここは1点献上を割り切り、他は無失点が大前提。その上で続く得点源の藤永に苦手の左相四つ(上記3枚はいずれも左組み)を当てて、もっとも防壁薄い岡田か林からさらに1点をもぎ取る。

国士舘としては斉藤1枚の得点をテコに、粛々試合を進め、相手の勢いに呑まれないように要所で攻撃、出来得れば加点していけばよい。不安材料は気持ちの面でいまだ揺れの見える長谷川と、力があるがゆえ閾値を超えると突然剛体となって転がる林の受けの脆さ。岩渕監督の言葉を借りれば「蟻の一穴」を起こさぬよう、勇気とリスクマネジメントのバランスの取れた試合運びが重要になってくる。

本来なら、国士舘のオーダーを先に開示し、それに大牟田が合わせてカスタム配置することでなんとか勝利に辿り着くというのが今代の力関係。ただし金鷲旗を観察するかぎり今季伸びているのは大牟田の側で、高校選手権の際には岡田の成長で勢いを得た国士舘は、長い目でみれば藤永や道下が当初の見込みほど成長し切れていないとも見て取れる。急成長の大牟田の勢いが国士舘を凌ぐか、三冠を絶対のミッションに掲げて今代をスタートした国士舘がこれを弾き返すのか。熱戦を楽しみに待ちたい。

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る