PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】日本勢は鍋倉、大野ともに過酷な組み合わせ配置・グランプリザグレブ2019第2日女子プレビュー

(2019年7月27日)

※ eJudoメルマガ版7月27日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】日本勢は鍋倉、大野ともに過酷な組み合わせ配置
グランプリ・ザグレブ2019第2日女子プレビュー(63kg級、70kg級)
eJudo Photo
鍋倉那美は強豪と連戦

文責:小林大悟/eJudo編集部

■63kg級・鍋倉那美は強豪と連戦、モントリオール大会制した趙睦煕に注目

(エントリー36名)

リオデジャネイロ五輪金メダリストのティナ・トルステニャク(スロベニア)が第1シードに座り、その周りを鍋倉那美(三井住友海上)、ユール・フランセン(オランダ)、カトリン・ウンターヴルツァハー(オーストリア)らの強豪が固めた。ノーシード位置にもアリス・シュレシンジャー(イギリス)、アガタ・オズドバ=ブラフ(ポーランド)ら世界大会のメダリストが居り、トーナメントのレベルは63kg級としてはかなり高めだ。

日本代表の鍋倉は第2シード。しかし、3回戦でヤン・ジュインシア(中国)とシュレシンジャーの勝者、準々決勝でダリア・ダヴィドワ(ロシア)とオズドバ=ブラフの勝者とそれぞれ戦わねばならず、シードとは名ばかりの非常に過酷な組み合わせとなっている。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る