PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】豪華メンバー揃った57kg級に注目、準決勝で出口と玉置が激突・グランプリザグレブ2019第1日女子

(2019年7月25日)

※ eJudoメルマガ版7月25日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】豪華メンバー揃った57kg級に注目、準決勝で出口と玉置が激突
グランプリ・ザグレブ2019第1日女子(48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
このところ調子いまひとつのガルバドラフ・オトゴンツェツェグ。世界選手権を前に復調なるか。

文責:小林大悟/eJudo編集部

■48kg級・優勝候補はガルバドラフ、3連敗中のリーと戦う準決勝が山場

(エントリー24名)

トップ層の出場は第2シードのガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)のみ。選手層の厚い48kg級としては珍しく、少々寂しい顔ぶれのトーナメントとなっている。

優勝候補はガルバドラフ。この選手は2016年から昨年まで、3年連続で世界大会の表彰台に上がっている強豪だが、昨シーズンはワールドツアーでの優勝が一度もなく、国際大会における存在感が少々減じてきている。今大会のメンバーはかつてのガルバドラフならば優勝して当たり前とも言える陣容、東京世界選手権を前にここで良い流れを作りたいところだ。対抗馬は、第4シードのメラニー・クレモン(フランス)と第6シードのリー・ヤナン(中国)の2名。特にリーは直接対決で3連敗中とガルバドラフにとって鬼門とも言える相手だ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る