PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】豪華メンバー打ち揃って大会開幕、66kg級はアンバウルとヴィエルの対決に期待・グランプリザグレブ2019第1日男子プレビュー

(2019年7月25日)

※ eJudoメルマガ版7月25日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】豪華メンバー打ち揃って大会開幕、66kg級はアンバウルとヴィエルの対決に期待
グランプリ・ザグレブ2019第1日男子プレビュー
eJudo Photo
韓国の一番手キム・ウォンジン。

文責:小林大悟/eJudo編集部

■60kg級・強豪揃ったハイレベルトーナメント、最注目はウロズボエフとキム・ウォンジン激突の2回戦

(エントリー36名)

東京世界選手権代表の永山竜樹(了徳寺大職)は、左肩の負傷のために出場を回避した。それでも、ディヨルベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)、キム・ウォンジン(韓国)、ガンバット・ボルドバータル(モンゴル)ら世界大会の表彰台クラスの強者がこれでもかと顔を揃えており、トーナメントのレベルは非常に高い。さらにシャラフディン・ルトフィラエフ(ウズベキスタン)、ワリーデ・キア(フランス)など魅力的な役者の顔もあり、永山不在ながら見どころ満載の陣容となっている。

優勝候補はウロズボエフとキム。両者の対戦はなんと初戦(2回戦)に組まれており、これがトーナメント全体を通じた最大の注目カードだ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る