PAGE TOP ↑
eJudo

男子はきょう決勝、国士舘と大牟田は順調な勝ち上がり・第93回金鷲旗高校柔道大会

(2019年7月24日)

※ eJudoメルマガ版7月24日掲載記事より転載・編集しています。
男子はきょう決勝、国士舘と大牟田は順調な勝ち上がり
第93回金鷲旗高校柔道大会
eJudo Photo
大牟田は先鋒廣吉弘樹がここまでの2試合10人を全て賄った。写真は3回戦、横浜修悠館横須賀高(神奈川)の副将渡邉寛人から内股巻込「一本」

福岡市総合体育館・照葉積水ハウスアリーナ(福岡市東区)で行われている第93回金鷲旗高校柔道大会は23日、男子3回戦までの競技が行われ、連覇を狙う国士舘高(東京)、大牟田高(福岡)ら優勝争いの主役と目されるチームは順当に勝ち残った。

国士舘はここまで2戦を戦って磯田海成が10人抜き、大牟田は同じく2戦を戦って廣吉弘樹が9勝1分けといずれも先鋒のみで試合を賄っている。

作陽高(岡山)、日体大荏原高(東京)、東海大相模高(神奈川)、木更津総合高(千葉)、崇徳高(広島)、東海大仰星高(大阪)らも順当に勝ち上がり。シード校からは唯一白鴎大足利高(栃木)が脱落、3回戦で浜松商高(静岡)に逆転負けを喫した。

最終日の24日は4回戦から決勝までが行われる。

※ eJudoメルマガ版7月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る