PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]富士学苑が初優勝、エース黒田亜紀の「前出し」布陣見事に嵌る・第93回金鷲旗高校柔道大会女子

(2019年7月23日)

※ eJudoメルマガ版7月23日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]富士学苑が初優勝、エース黒田亜紀の「前出し」布陣見事に嵌る
第93回金鷲旗高校柔道大会女子
eJudo Photo
決勝、中堅同士の対決で富士学苑高・黒田亜紀が敬愛高の貫目怜亜から内股「技有」

五人制抜き勝負で高校柔道日本一を争う第93回金鷲旗高校柔道大会は23日、福岡市総合体育館・照葉積水ハウスアリーナ(福岡市東区)で女子決勝までの競技が行われ、3月の全国高校選手権を制した富士学苑高(山梨)が初優勝した。

決勝は地元の期待を一身に背負う敬愛高(福岡)とマッチアップ。後衛に副将丸山みかの、エースの大将松澤祐栞と重量級の強者を並べる同校に対し、富士学苑はこの対戦を想定してもっとも攻撃力のあるエース黒田亜紀を敢えて中堅に配置。大将同士が引き分けならそのまま延長戦となるこの大会ではエースは大将に置くのが定石、敢えて「置き大将」策を採るとしても副将までに留めるのがスタンダード。変則的な布陣だが、「主力3枚の適性で判断した。取り味のある黒田でリードして、守りの強い平野友萌と瀬戸亜香音で締める」(矢嵜雄大監督)と選手を信頼し切ったこの策が見事に嵌った。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る