PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】斉藤立擁する国士館が優勝候補筆頭、地元の大声援受ける大牟田がこれを迎え撃つ・第93回金鷲旗高校柔道大会男子展望

(2019年7月21日)

※ eJudoメルマガ版7月21日掲載記事より転載・編集しています。
斉藤立擁する国士館が優勝候補筆頭、地元の大声援受ける大牟田がこれを迎え撃つ
第93回金鷲旗高校柔道大会男子展望
eJudo Photo
優勝候補筆頭は国士舘

eJudo Photo
高校選手権2位の大牟田が地元優勝を目指す

今年度大会の優勝候補筆頭は国士舘高(東京)。エース斉藤立の存在は、抜き試合においては決定的だ。藤永龍太郎、道下新大、長谷川碧ら周辺戦力の充実に、岡田陸と磯田海成の台頭、林将太郎の復帰と夏を前にチームは充実期を迎えている感あり。

この国士舘と、今期「国士舘以外には圧勝」で走り抜けている地元の雄・大牟田高(福岡)が2強。ここに、高校選手権無差別王者のパワーファイター、「丸のみ」高橋翼を擁する作陽(岡山)が絡み、続いて日体大荏原高(東京)、木更津総合高(千葉)、東海大相模高(神奈川)が追いかけるというのが今大会の構図だ。

組み合わせは、大きく、ベスト4までの配置で考えれば国士舘-作陽(東海大相模)、大牟田-日体大荏原(崇徳)という配置であり高校選手権と相似。ただしその勝ち上がりの難度には相応の差がある。展望として各パートの様相と有力校のオーダー配置を簡単に紹介しておきたい。

【Aパート】
シード校:国士館高(東京)、白鴎大足利高(栃木)
有力校:福井工大福井高(福井)

国士舘高の勝ち上がり自体はほぼ確実。登録は先鋒から磯田海成、長谷川碧、道下新大、藤永龍太郎、斉藤立で補欠が岡田陸と林将太郎。次鋒以降はおそらく決勝まで換えることはないはずで、先鋒枠を磯田-林-岡田と繋いで、なるべく多くの試合を賄わせることになる。この3人の働きでどこまで消耗を抑えて戦えるかに注目。逆側の山では、全国大会の上位進出が有力視されながらインターハイ本戦の出場権を逃した白鴎大足利高が、最後の花火を上げんと牙を研ぐ。福井工大福井高との5回戦が注目。

【Bパート】
シード校:東海大仰星高(大阪)、四日市中央工高(三重)
有力校:羽黒高(山形)、埼玉栄高(埼玉)、安田学園高(東京)、市立習志野高(千葉)

エース中村雄太を擁して全国高校選手権でベスト8入りした東海大仰星高が勝ち上がり候補だが、5回戦で組まれるはずの埼玉栄高戦がまず大きな山場。埼玉栄は同大会初戦で大牟田高との激戦の末2回戦で敗れたが、以後の戦いを見る限り成長を続けており、有望株と規定できる。上位で競る力を十分に持っていると思われる。

逆側の山では、全国高校選手権ベスト16で国士館高と接戦を繰り広げた東海地区王者・四日市中央工高(三重)がシード。このチームも県予選で敗れインターハイ本戦を逃しており、今大会に掛ける気持ちは相当なものがあると思われる。

【Cパート】
シード校:作陽高(岡山)、北海高(北海道)
有力校:國學院栃木高(栃木)、修徳高(東京)、長崎日大高(長崎)、東海大相模高(神奈川)

激戦区。北海高がシード校にピックアップされたが、この山からは東海大相模高が出てくることが有力。戦力十分ながらも柔道が丁寧でスマート過ぎる傾向がある東海大相模を、骨の太い柔道を繰り広げる北海がどこまで追い詰めるか、この5回戦には注目しておきたい。東海大相模の登録は先鋒から金子竜士、藤島将太、工藤海人、山本銀河、菅原光輝で補欠に有馬雄生と近藤那生樹を残している。

作陽は4回戦で國學院栃木高、5回戦で修徳高、そしてパート決勝で東海大相模高と戦わねばならぬタフな組み合わせ。エース髙橋翼は東海大相模全員を「丸のみ」してしまうだけの強さがあるが、上位対戦に向けてこの高橋の体力をどこまで温存出来るかがパート決勝までの唯一最大のみどころである。4回戦以降はすべて最終日、修徳高戦などは取って取られての泥沼の試合も予想されるが、フル稼働が予想される東海大相模戦までは高橋の出動を出来得れば1試合ずつまでに抑えておきたい。作陽の登録は先鋒から佐藤良平、高橋寛、笠原勇馬、嵐大地、高橋翼、補欠登録が榎本開斗と半田壮。

【Dパート】
シード校:木更津総合高(千葉)、鹿児島情報高(鹿児島)
有力校:京都学園高(京都)、延岡学園高(宮崎)、九州学院高(熊本)

高校選手権ベスト8、関東大会2位の木更津総合高の勝ち上がりが有力。登録は先鋒から松本匡平、森海南杜、飯田空翔、稲辺嵩斗、金澤聡瑠、補欠に唯野己哲と北條嘉人を残した。比較的組み合わせに恵まれており、唯野と北條は4回戦の京都学園高戦までは温存する可能性大。パート決勝は全九州大会2位の鹿児島情報高、同3位の九州学院高、あるいは延岡学園高と九州勢の争いを勝ち残った強豪との戦いが待ち受ける。

【Eパート】
シード校:大牟田高(福岡)、沖縄尚学高(沖縄)

地元優勝を狙う大牟田高の勝ち上がりがほぼ確実。登録は先鋒から廣吉弘樹、松尾伊織、石本慎太郎、服部大喜、森健心で、補欠には久保田皓晴と竹市大祐を残している。全国高校柔道選手権73kg級優勝の田中裕大がオーダーに絡まぬ充実戦力、勝敗自体よりもどの段階まで竹市を温存出来るかに注目しておきたい。圧勝の連続が予想され、会場の盛り上がりが非常に楽しみ。

【Fパート】
シード校;桐蔭学園高(神奈川)、大成高(愛知)
有力校:加藤学園高(静岡)、新田高(愛媛)、東海大高輪台高(東京)

シード権に当日の采配とすべてのリソースを駆使して高校選手権ベスト8まで進んだ桐蔭学園高、同大会で天理高(奈良)と大激戦を繰り広げてベスト16入りした大成高がシード。両校とも戦力は絶対的ではなく、桐蔭学園は加藤学園高、大成は東海大高輪台高といずれも4回戦で山場が待ち受ける。どこが上がってきてもおかしくない混戦ブロック。

【Gパート】
シード校:日体大荏原高(神奈川)、田村高(福島)
有力校:天理高(奈良)

高校選手権ベスト4の日体大荏原は、パート決勝までは無風。登録は先鋒から木下颯王、山城和也、平山才稀、海堀陽弥、グリーンカラニ海斗、補欠が藤原秀奨と島本真司郎。

田村は4回戦で慶應義塾高(神奈川)、そして5回戦で天理高と戦わねばならぬなかなかタフな組み合わせ。天理は鈴木太陽、池田凱翔、そして井上直弥と並べた中堅以降が強力。3月の段階ではもうひとつ元気がなかった井上の復活がカギを握る。

【Hパート】
シード校:崇徳高(広島)、長崎南山高(長崎)
有力校:東海大甲府高(山梨)、秋田工高(秋田)、佐賀商高(佐賀)

長崎南山高と佐賀商高、さらにインターハイ福岡県予選2位の東福岡高(福岡)と九州の強豪が詰め込まれた右側ブロックが激戦。

崇徳は勝ち上がり自体は確実視されるが、エースを担うべき福永夏生が今季もうひとつ元気がない。大将配置ゆえこの段階での出番は限られると思われるが、最終日までに復活の手ごたえを掴んでおきたい。登録は先鋒から藤本偉央、阿河陸人、福本佑樹、毛利允弥、福永で補欠に徳持英隼と飯田恒星を残している。

【準々決勝以降】

ベスト8の予想カードは以下となる。

国士舘高 - 東海大仰星高(埼玉栄高、四日市中央工高)
作陽高(東海大相模高) - 木更津総合高
大牟田高 - 大成高・埼玉栄高・桐蔭学園高
日体大荏原高 - 崇徳高

ベスト4カードが国士舘-作陽、大牟田-日体大荏原となりそうということで組み合わせ配置は前述の通り高校選手権と相似。準決勝第1試合における斉藤立-高橋翼という魅力的なカードの実現なるか、決勝で地元の大声援を受けた大牟田が国士舘の牙城を崩し得るか、が大きなみどころだ。

国士舘の大将はもちろん斉藤。大牟田は森を前出しせずに大将に置いており、大将同士の対決では勝ち目がない。現実的には「どこまで国士舘を苦しめるか」がトピックになりそうだが、今大会における地元のアドバンテージは相当のものがあり、会場揺るがす大声援がどこまでこの磁場をゆがめることが出来るか。注目したい。

※ eJudoメルマガ版7月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る