PAGE TOP ↑
eJudo

「ここを勝たなければ三冠はない。粛々とやるべきことをやって、そして勝ちます」第93回金鷲旗高校柔道大会男子有力校インタビュー①国士舘高・岩渕公一監督

(2019年7月18日)

※ eJudoメルマガ版7月18日掲載記事より転載・編集しています。
「ここを勝たなければ三冠はない。粛々とやるべきことをやって、そして勝ちます」
第93回金鷲旗高校柔道大会男子有力校インタビュー①国士舘高・岩渕公一監督
eJudo Photo
国士舘高・岩渕公一監督

―いよいよ夏、本番が迫ってきました。チームのいまの状態はいかがですか?

大きな怪我もなく、ある程度順調にやれています。東京ジュニア(7/6)で磯田(海成)と岡田陸が軽く負傷しましたが、いまはガンガンやれていますし、チームの士気は高いですよ。

―エースの斉藤立選手について、まずお聞きしたいと思います。

3月の手首の怪我はだいぶ良くなったんですが、まだ継続して治療もしていて、稽古をしっかり積む時期と、休ませる時期を見極めてここまでやって来ました。詰めた稽古をしているときはやっぱりかなり良いですね。期待できると思います。

―藤永(龍太郎)選手、道下(新大)選手、長谷川(碧)選手ら、昨年からレギュラーを務めている3年生は、今年好不調の波が見て取れます。

藤永は良いところまで行ってやられてしまう試合が続いていて、それが相当悔しいのか、私から見てもかなり激しい稽古を積んでいます。やられてしまった試合も勝ち上がりはかなり良かったですし、調子は上向き。課題の相四つも、トクとやり込んでいます。道下は90kg級に体重を落としたのでちょっと体の力が足りないかなと思うこともありましたが、彼は足首を痛めたままインターハイ予選と東京ジュニアを戦っていたんですね。それでもあのくらい出来るんですから、本領発揮はこれから。長谷川は課題がハッキリしていて、ヘバってしまうこと。逆に最初の30秒は組み勝てて圧もあって物凄く強い。課題がハッキリしているぶん、やることも決まってきますよね。こちらもトクと、やりこませていますよ。

―昨年金鷲旗の序盤戦を支えた林(将太郎)選手の復帰が噂されていますね。また、2年生の磯田選手の充実も伝え聞きます。

林、今回は使います。周囲は「怪我する前より遥かに強い」と言っていますよ。休んでいる間にウエイトトレーニングをしっかり積んでパワーも増していますし、今回は彼が実力を発揮してくれるとかなり楽になります。チームは相当勢いづくはず。そういう意味では、この大会のキーマンは彼ですね。磯田はいいところと悪いところがはっきりしていて、もっとしぶとく、辛抱して戦うことが必要。ただ瞬発力はすさまじいものがあります

―勝ち上がりにおける課題、理想の戦い方は?

まずスタートダッシュで勢いに乗りたいですね。先鋒がしっかり勝って、いい形でバトンを渡すことを続けたい。毎回お話するんですが、抜き勝負は「取って取られて」という展開が一番ダメ。取って、その上でしっかり分ける、後に良い形で繋ぐ。これをしっかり全員が続けることに尽きます。

―ライバルチームは?

どこも強く、どこが上がって来るかはわからない。ただ、作陽高校、大牟田高校と戦う可能性は高いと思っています。作陽高校、うちにも稽古に来ますが、高橋(翼)選手はやはり強いですね。

―まだがっちり追い込んでいる段階ですか?

昨日は大学に稽古に行かせましたが、もう今日からは落としていきますよ。相当詰めた稽古をしてきたのでもう全員「へべれけ」です。ここからは調整です。

―これまでに幾度も「三冠」を達成している岩渕監督の目から見て、今年は獲れそうな雰囲気を感じますか?

これはね、やっぱり金鷲旗が終わってみないとわからないんです。そこでチームにどんな雰囲気が生まれているか。まずここをしっかり戦ってです。

―あらためてこの金鷲旗大会、そしてこの「三冠」に掛ける意気込みをお願いします。

当たり前ですが、金鷲旗を取らねば「三冠」はない。大きい怪我をせず、やるべきことを粛々とやって、そして勝ちます。

―ありがとうございました。


聞き手:古田英毅
※インタビューは7月18日に行われました

※ eJudoメルマガ版7月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る