PAGE TOP ↑
eJudo

「勝つ味覚えた選手の団結力が増した、九州の2連戦勝ち抜いて『三冠』目指す」第93回金鷲旗高校柔道大会女子有力校インタビュー①富士学苑高・矢嵜雄大監督

(2019年7月18日)

※ eJudoメルマガ版7月18日掲載記事より転載・編集しています。
「勝つ味覚えた選手の団結力が増した、九州の2連戦勝ち抜いて『三冠』目指す」
第93回金鷲旗高校柔道大会女子有力校インタビュー①富士学苑高・矢嵜雄大監督
eJudo Photo
富士学苑高・矢嵜雄大監督

―高校選手権を獲って以降、チームは変わりましたか?

そうですね。団体戦の日本一を経験していなかった選手たちが、「勝つ味」を覚えたというか、掴んだというか、以後団体戦の団結力が明らかに上がったなと感じます。関東大会(優勝)も、厳しいジャッジの中で、それでも勝ち切った。これは金鷲旗大会に向けて非常にいい経験になりました。長距離移動があり、長丁場で、会場全体の九州勢に対する後押しもある。これを差し引いても勝ち切る準備をしていこう、これを勝ち抜くだけの圧倒的な力をつけよう、といまは良い稽古が出来ていると思います。

―成績を見ていると、個の力も上がったように感じます。

ありがとうございます。先日の関東ジュニアでは個人でも結果が出ました。7階級中4階級で優勝して、黒田と平野は決勝を争いました。63の小齊も充実していました(3位)し、6人が本戦に進みます。高校選手権で3階級で決勝に進み、そして全員負けてしまった経験が生きていると感じます。関東大会も決勝で負けた選手が続き、その後決勝を勝ち切ること、「一本」を取り切ることを目標にやってきた成果が出つつあると思います。

―金鷲旗という厳しい戦いを勝ち抜く上で、これを想定した練習などはしていますか?

決勝を勝ち切る、という先ほど話したことと絡むのですが、やはり抜き試合ですから。登録の7人が、「一本」を取るまでの乱取りをしっかりこなし、3分×5、4分×5の乱取りもバテることなく連続で戦えるようになってきましたし、具体的に五人掛などもやってきました。私の目から見ても逞しくなったなと思います

―黒田亜紀選手、平野友萌選手、瀬戸亜香音選手らをはじめに全員が力強くてしぶとい、総合力が売りのチームとは思いますが、敢えてキーになる選手を挙げるとすれば?

仰る通り全員がポイントです(笑)。ただ敢えてと言われれば、やはり黒田ですね。全員の総合力が高い中で1人「抜き役」と言われれば、そうなると思います。寝技で取り切るのはもちろんですが、このところ内股の切れ味が増しており、「取り味」があるなと素直に思わされます。ただし金鷲旗は長丁場。黒田、平野や瀬戸はもちろん、藤城(心)、小齊(穂奈美)、田井(知亜季)、谷(朱音)と、特に前で戦うことになるであろう選手がどこまでやってくれるかも非常に大きいです。やっぱり「全員」というのが答えになりますね(笑)

―組み合わせを見てみて、いかがですか。

初戦から勝負だと思っています。パートファイナル前から厳しい対戦が続くことになります。

―決勝は敬愛高を想定しているのでは?金鷲旗向けのチーム構成です。

その可能性が高いと思っています。前の頑張りが鍵になります。松澤(佑栞)選手という強敵がいますので、出来ればリードを奪って後半戦を迎えたい。

―外から見ていても、富士学苑を相手にリードを許すとかなり厳しいなと感じます。

高校選手権、終わってみてから気づいたのですが無失点だったんです。先ほど五人掛けや「一本」を取り切ると攻めの話をしましたが、高校選手権以上に、失点を出さないようにと組み手や寝技もきちんとやり込んでいます。選手権以上に、失点のない、うちらしい試合をまず目指します。

―最後に、あらためて意気込みを。

今年『三冠』のチャンスがあるのは、高校選手権を獲ったうちだけです。怪我などないよう最後までうまく持って行って、福岡の金鷲旗、鹿児島のインターハイと続く九州の2連戦、一戦一戦持っている力を最大限に出し切って『三冠』を目指します。

―ありがとうございました。

聞き手:古田英毅
※インタビューは7/18に行われました

※ eJudoメルマガ版7月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る