PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】スメトフとガンバットのもと世界王者2名が参戦、66kg級はイスラエルとカザフスタンの代表争いに注目・グランプリブダペスト2019第1日男子プレビュー

(2019年7月11日)

※ eJudoメルマガ版7月11日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】スメトフとガンバットのもと世界王者2名が参戦、66kg級はイスラエルとカザフスタンの代表争いに注目
グランプリ・ブダペスト2019第1日男子プレビュー(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
今季復活気配のもと世界王者イェルドス・スメトフ

文責:小林大悟/古田英毅

■60kg級・スメトフとガンバットのもと世界王者2名が参戦

(エントリー43名)

強豪が揃った。イェルドス・スメトフ(カザフスタン)とガンバット・ボルドバータル(モンゴル)のもと世界王者2名を中心にトップ層が多数参戦、フェリペ・ペリム(ブラジル)、カラマット・フセイノフ(アゼルバイジャン)ら世界大会の入賞を狙うクラスの実力者がシードから漏れるほど。序盤戦から熱戦必至の大会である。

観戦の中心に置きたいのは前述のもと王者2名の出来。スメトフは一時の低迷から脱してグランドスラム・パリ2位にグランプリ・アンタルヤ優勝と成績が上向きつつあり、この好調を維持しているのかどうかが注目ポイント。一方のガンバットはこれまで日本代表の永山竜樹(了徳寺大職)に2戦2勝と勝ち越している、同選手にとってはジョーカー的な怖さがある相手。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る