PAGE TOP ↑
eJudo

【eJudo’s EYE】テディ・リネール評(グランプリ・モントリオール)

(2019年7月9日)

※ eJudoメルマガ版7月8日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudo’s EYE】テディ・リネール評(グランプリ・モントリオール)
eJudo Photo
ついに畳に復帰したリネール。大会出場は2017年11月の世界無差別選手権以来。

→最終日男子ニュース、決勝戦評
文責:古田英毅

絶対王者テディ・リネール(フランス)が約1年半ぶりに畳に登場。復帰の舞台に選んだのはカナダ初のワールドツアー大会、グランプリ・モントリオール2019(7月5日~7日)だ。

ご存知の通り、リネールはあっさり(このあたり評価分かれるところではあろうが)優勝。このコラムでは定期的に「対リネール」というテーマを扱って来たわけだが、気が付けば2017年ブダペスト世界選手権時が最後。今回は五輪や世界選手権というような節目になる大イベントではまったくないが、いまや滅多に彼について書ける機会もないので、定点観測的に、簡単に今大会のリネール評をメモしておきたい。2020年東京五輪のときに「1年前のリネール」を振り返ることが出来るようにというのがモチベーションだ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る