PAGE TOP ↑
eJudo

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第81回

(2019年7月8日)

※ eJudoメルマガ版7月8日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第81回
自他の関係をみるべし
eJudo Photo
嘉納治五郎師範

資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「柔道一班ならびにその教育上の価値」
同題講演録の小冊子 明治22年5月 (『嘉納治五郎大系』2巻128頁)
 
<道場>という空間を使って行われる日々の稽古。
限定された空間ですから、人数によって、それぞれ使える広さが決まります。広い道場に2~3人であれば広く使えますが、同じ広さでも、人が多くなり、畳1枚あたり1人くらいになるとかなり狭くなります。

そうすると恐いのは怪我です。人や壁にぶつかったり、投げ足を受けたり・・・。目の前の相手に集中して、周りが見えないと、こういうこと
が起こりやすくなります。「そうは言っても、稽古に集中していたら、他に気を配る余裕なんてあるわけない」という主張もわかりますが、<周りを見る>ことも柔道の大事な修行、今回の「ひとこと」は、そんな内容です。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る