PAGE TOP ↑
eJudo

81kg級友清光が優勝、激戦73kg級は伏兵プロコプチュクが決勝でヘイダロフ破る・ユニバーシアード2019柔道競技第2日男子

(2019年7月6日)

※ eJudoメルマガ版7月6日掲載記事より転載・編集しています。
81kg級友清光が優勝、激戦73kg級は伏兵プロコプチュクが決勝でヘイダロフ破る
ユニバーシアード2019柔道競技第2日男子(73kg級、81kg級)
イタリア・ナポリで行われているユニバーシアード柔道競技は5日、2日目の男女それぞれ2階級ずつが行われ、男子は81kg級で友清光(国士舘大3年)が優勝した。友清は全日本ジュニア(2017年)、全日本学生体重別選手権(2018年)に続くビッグタイトル獲得。

世界選手権で2度銅メダルを獲得しているヒダヤト・ヘイダロフ(アゼルバイジャン)にモンゴルの一番手で今年のグランドスラム・パリでも2位入賞しているツェンドチル・ツォグトバータル(モンゴル)ら一線級の参加に沸いた73kg級は、ダークホースのエフゲニー・プロコプチュク(ロシア)が優勝。ヘイダロフは準決勝でツェンドチルを7分近い激戦の末「指導2」対「指導3」で破ったがこれで疲労したか、決勝ではグランプリ・フフホトで一本勝ちしたばかりのプロコプチュクにGS延長戦「技有」で敗れた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月6日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る