PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】橋本壮市と永瀬貴規の世界王者2人が登場、永瀬は序盤から強豪と連戦組まれる・グランプリモントリオール2019第2日男子プレビュー

(2019年7月6日)

※ eJudoメルマガ版7月6日掲載記事より転載・編集しています。
橋本壮市と永瀬貴規の世界王者2人が登場、永瀬は序盤から強豪と連戦組まれる
グランプリ・モントリオール2019第2日男子プレビュー(73kg級、81kg級)
eJudo Photo
73kg級は橋本壮市が優勝争いを引っ張る

文責:小林大悟/eJudo編集部

■73kg級・橋本壮市が出場、対抗馬1番手は地元カナダのマルジェリドン

(エントリー21名)

2017年ブダペスト世界選手権王者の橋本壮市(パーク24)が出場する。トーナメントのレベル自体はそれほど高くはなく、トップ層からの参加は地元選手のアルチュール・マルジェリドン(カナダ)くらい。第1シードの橋本は組み合わせ的にも恵まれ、初戦(2回戦)でアレックス=ウィリアム・ポンボ=シウバ(ブラジル)に勝利すればベスト4までは問題なく勝ち上がれるはずだ。

橋本と逆サイドの下側の山からはマルジェリドンの勝ち上がりが濃厚。橋本は昨年12月のワールドマスターズでマルジェリドンにまさかの黒星を喫しており(※大外刈を透かされての浮落「技有」)、決勝での対戦となった場合にはしっかりリベンジを果たしておきたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月6日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る