PAGE TOP ↑
eJudo

髙藤直寿が圧勝V、世界選手権決勝争ったムシュヴィドバゼを相手にせず・グランプリモントリオール2019第1日男子

(2019年7月6日)

※ eJudoメルマガ版7月6日掲載記事より転載・編集しています。
髙藤直寿が圧勝V、世界選手権決勝争ったムシュヴィドバゼを相手にせず
グランプリ・モントリオール2019第1日男子(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
60kg級決勝。髙藤直寿がロベルト・ムシュヴィドバゼから内股「一本」

カナダで初めてのワールドツアー大会となるグランプリ・モントリオール2019が5日、モントリオール市のモーリスリチャード・アリーナで開幕。初日の男子は60kg級と66kg級の競技が行われ、60kg級は日本代表の髙藤直寿(パーク24)が優勝を飾った。

世界選手権2連覇中の髙藤だが、腰を負傷して試合は2月のグランドスラム・パリ以来。組み合わせも楽とは言えなかったが全試合一本勝ちで決勝まで勝ち上がると、昨年の世界選手権決勝で顔を合わせたロベルト・ムシュヴィドバゼ(ロシア)をまったく相手にせず1分27秒左内股「一本」。ため息の出るような強さで優勝を攫った。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月6日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る