PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】世界王者髙藤直寿が畳に復帰、ムシュヴィドバゼ筆頭に難敵立ちはだかる・グランプリモントリオール2019第1日男子プレビュー

(2019年7月5日)

※ eJudoメルマガ版7月5日掲載記事より転載・編集しています。
世界王者髙藤直寿が畳に復帰、ムシュヴィドバゼ筆頭に難敵立ちはだかる
グランプリ・モントリオール2019第1日男子プレビュー(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
2月のグランドスラム・パリ以来の試合となる世界王者髙藤直寿

文責:小林大悟/eJudo編集部

■60kg級・現役世界王者の髙藤直寿が出場、ムシュヴィドバゼら強力布陣がこれを迎え撃つ

(エントリー22名)

世界選手権2連覇中の現役王者、髙藤直寿(パーク24)が登場。髙藤は腰の負傷のために4月の全日本選抜体重選手権を欠場しており、今大会は2月のグランドスラム・パリ(優勝)以来の実戦となる。形上は2ヶ月後に控える東京世界選手権(8月25日〜9月1日、日本武道館)に向けた調整出場であるが、対戦相手は単に「調整」と片付けるには重すぎる面々が揃った。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る