PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]コマツが2年ぶり12度目の優勝、ライバル三井住友海上を逆転で下す・第69回全日本実業柔道団体対抗大会女子第1部

(2019年6月8日)

※ eJudoメルマガ版6月8日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]コマツが2年ぶり12度目の優勝、ライバル三井住友海上を逆転で下す
第69回全日本実業柔道団体対抗大会女子第1部
eJudo Photo
最終戦、コマツの中堅西願寺里保が三井住友海上・鍋倉那美の内股を押し込み、崩上四方固に繋ぐ。

→女子1部全試合結果(eJudoLITE)

団体戦で実業柔道日本一を争う第69回全日本実業柔道団体対抗大会が8日、高崎アリーナ(高崎市)で開幕。初日の女子は5人制(57kg以下2名、70kg以下2名、無差別1名)で戦う第1部の競技が行われ、コマツが2年ぶり12度目の優勝を果たした。

5チームのリーグ戦を最終戦(第10試合)まで全勝で勝ち残ったのは一昨年の覇者コマツと昨年度優勝の三井住友海上火災保険という実業柔道の二巨頭。コマツは先鋒戦で芳田司が玉置桃に左一本背負投「技有」で敗れて先制を許したが、次鋒鶴岡来雪が舟久保遥香と引き分けて襷を繋ぐと、中堅戦ではこの日ここまで決して本調子ではなかった西願寺里保が鍋倉那美を相手に迫力の前進。残り39秒までに2つ目の「指導」を奪うと、焦った鍋倉が残り20秒を切ったところで強引な右内股。西願寺投げられかけるも相手の技が空転して同体で倒れると見るやすかさず襲い掛かって崩上四方固に抑え込み、値千金の「一本」を得る。コマツはこれで勝ち越し。この西願寺の迫力に背中を押されるように副将大野陽子はライバル新井千鶴を相手に攻め込んだまま引き分け、大将冨田若春も稲森奈見と手堅く引き分けて勝利決定。通算スコア1-1の内容差で2年ぶりの優勝を決めた。

初采配の徳野和彦監督は「チームが一丸となっていた。負けがあっても全体で勝てばいいんだと話し続けた、それを選手が実践してくれた」と決勝を振りかえって満足気な表情。コマツはこの春板橋区に新道場が完成したばかりだが、「新しい道場に優勝旗を立てられて、まず1つ恩返しが出来ました。」と笑顔で大会を締めくくった。

成績と全試合の結果は下記。

eJudo Photo
女子第1部優勝のコマツ

【女子第1部成績】
優 勝:コマツ
準優勝:三井住友海上火災保険
第三位:JR東日本
第四位:自衛隊体育学校
第五位:JR九州

優秀選手:大野陽子(コマツ)、玉置桃(三井住友海上)、柴田理帆(JR東日本)

[第1試合]
コマツ ②-2 JR東日本
(先)石川慈△優勢[技有]〇柴田理帆
(次)芳田司〇優勢[技有]△高沢眞冴
(中)西願寺里保△優勢[技有]〇宇野友紀子
(副)大野陽子〇内股(1:20)△前田奈恵子
(大)冨田若春×引分×井上あかり

[第2試合]
自衛隊体育学校 2-1 JR九州
(先)大辻瑛美〇一本背負投(1:22)△松下沙都
(次)内尾真子×引分×杉本祐海
(中)新添左季〇合技(1:15)△飯野鈴々
(副)米澤夏帆×引分×安松春香
(大)佐村槙渉△合技(2:45)〇井上愛美

[第3試合]
三井住友海上火災保険 3-0 JR東日本
(先)玉置桃〇合技(1:38)△柴田理帆
(次)舟久保遥香〇優勢[技有]△柳楽祐里
(中)鍋倉那美×引分×宇野友紀子
(副)新井千鶴×引分×前田奈恵子
(大)髙山莉加〇合技(1:52)△井上あかり

[第4試合]
コマツ 2-1 自衛隊体育学校
(先)鶴岡来雪△合技(3:18)〇大辻瑛美
(次)芳田司×引分×内尾真子
(中)西願寺里保×引分×新添左季
(副)大野陽子〇合技(2:18)△米澤夏帆
(大)泉真生〇合技(1:31)△佐村槙渉

[第5試合]
三井住友海上火災保険 5-0 JR九州
(先)玉置桃〇送襟絞(1:13)△津本春菜
(次)舟久保遥香〇崩袈裟固(2:51)△杉本祐海
(中)佐藤みずほ〇釣込腰(0:27)△飯野鈴々
(副)新井千鶴〇優勢[技有]△安松春香
(大)髙山莉加〇合技(1:43)△井上愛美

[第6試合]
JR東日本 ①-1 自衛隊体育学校
(先)高沢眞冴△優勢[技有]〇大辻瑛美
(次)柴田理帆×引分×内尾真子
(中)宇野友紀子×引分×新添左季
(副)前田奈恵子×引分×米澤夏帆
(大)井上あかり〇袈裟固(2:42)△佐村槙歩

[第7試合]
コマツ 3-1 JR九州
(先)石川慈〇上四方固△松下沙都
(次)鶴岡来雪〇合技△杉本祐海
(中)大野陽子〇優勢[僅差]△安松春香
(副)西願寺里保△横四方固(0:33)〇榎谷有里
(大)冨田若春×引分×井上愛美

[第8試合]
三井住友海上火災保険 3-0 自衛隊体育学校
(先)玉置桃×引分×大辻瑛美
(次)舟久保遥香〇横四方固(2:42)△内尾真子
(中)鍋倉那美×引分×米澤夏帆
(副)新井千鶴〇優勢[技有]△新添左季
(大)髙山莉加〇上四方固△佐村槙渉

[第9試合]
JR東日本 2-0 JR九州
(先)柴田理帆〇合技(3:08)△津本春菜
(次)柳楽祐里〇合技(1:22)△松下沙都
(中)宇野友紀子×引分×榎谷有里
(副)前田奈恵子×引分×安松春香
(大)井上あかり×引分×井上愛美

[第10試合]
コマツ ①-1 三井住友海上火災保険
(先)芳田司△優勢[技有・一本背負投]〇玉置桃
(次)鶴岡来雪×引分×舟久保遥香
(中)西願寺里保〇崩上四方固(4:00)△鍋倉那美
(副)大野陽子×引分×新井千鶴
(大)冨田若春×引分×稲森奈見

※ eJudoメルマガ版6月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る