PAGE TOP ↑
eJudo

国士舘大学クラブが優勝、フル出場の鈴木桂治氏は「これで引退」・第69回全日本実業柔道団体対抗大会男子第3部

(2019年6月8日)

※ eJudoメルマガ版6月8日掲載記事より転載・編集しています。
国士舘大学クラブが優勝、フル出場の鈴木桂治氏は「これで引退」
第69回全日本実業柔道団体対抗大会男子第3部
eJudo Photo
決勝、鈴木桂治が得意の出足払で会場を沸かせる

団体戦で実業柔道日本一を争う第69回全日本実業柔道団体対抗大会が8日、高崎アリーナ(高崎市)で開幕。初日の男子は第3部の競技が行われ、国士舘大学クラブが優勝した。

国士舘大学のOBで構成するこのチームのメンバーとして、現在は全日本チームでコーチを務める同大の監督・鈴木桂治氏が2012年の国体以来、7年ぶりに実戦の畳に登場。次鋒として決勝までフル出場し、1回戦は払腰「一本」、2回戦は横三角からの横四方固「一本」、3回戦は足車「一本」、準々決勝は大外刈「一本」と4連勝。準決勝と決勝は引き分けたが、4勝2分けでチームの優勝に大きく貢献し、優秀選手賞も得た。

一線を退いた後も「まだ引退宣言をしていない」としていた氏は、試合後「きょう、引退します。次はないです」と笑顔で現役引退を表明。教え子たちや仲間に囲まれ「精一杯やったので、100点です。いい経験をさせてもらった」と幸せそうだった。

入賞者と鈴木桂治氏のコメント、準々決勝のスコアと準決勝以降の対戦詳細、国士舘大学クラブ全試合の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の国士舘大学クラブ

eJudo Photo
2012年国民体育大会以来、7年ぶりに試合の畳に立った鈴木桂治氏

【入賞者】
(エントリー49チーム)
優 勝:国士舘大学柔道クラブ
準優勝:アドヴィックス
第三位:群馬県警察、前橋刑務所

優秀選手:釘丸太一、鈴木桂治(国士舘大学柔道クラブ)、近藤将太郎(アドヴィックス)、滝澤広大(前橋刑務所)、長谷川優(群馬県警察)

鈴木桂治氏のコメント
「チームのムードが良く、いい雰囲気で試合が出来ました。本当にしんどい思いをして戦ったので表彰式の時には『勝って良かったね』とみんなでなぐさめあうというか、そういう言葉が自然に出ました。試合に出たのは、この大会が今年は関東であるということでコーチの吉永(慎也)が試合に出たい、選手を集めて一緒に出ましょうと声を掛けてくれて、その流れです。自分から言い出したわけではまったくないです(笑)。練習は本当に、皆さんが思う以上にまったくやっていない。膝の手術もしたし、今年やった乱取りは立ち技5本だけ。こんなに練習をやらずに試合に出ていいのか、自分は柔道を舐めているんじゃないかと葛藤がありましたし、試合に出ると決めても学生を見なければならないし、なかなか思うように練習は出来ず、うしろめたさも抱えながらの試合でした。3戦目くらいで頭がぼーっとして、脱水症状かなとも思って、久しぶりの試合は本当にしんどかった。日本代表も学生たちも、本当に凄いことをやってるんだなとあらためて感じ入りました。(-次鋒出場の理由は?)いや、勝手に決められていました(笑)。もともと磯田(範仁)が出る予定で、次鋒は軽量級の彼のためのポジション。2試合くらいで交代して下がるつもりでしたが、事前に新聞などで大きく騒がれてしまったので、引くに引けなくなって最後まで頑張りました。(-39歳、7年ぶりの試合はいかがでしたか?)メチャクチャ震えました。出れば欲も出て、勝とうと思うんですが、内股に入ろうとしても右足は動かないし。ただ、きついけどやっぱり楽しいし、昔と違ってきょうは『ケガをしても試合に勝ちたい』と思いながら試合をしました。現役の時と比べるつもりはないですし、今これが僕の出来るすべて。100点です。きょうで引退します。いい経験をさせてもらいました。」

eJudo Photo
準決勝、アドヴィックスの先鋒圓山泰雄が群馬県警察・野田元から支釣込足「一本」

eJudo Photo
決勝、国士舘大学柔道クラブの釘丸太一がアドヴィックス・田中力也から内股「技有」

【準決勝】

アドヴィックス 1-0 群馬県警察
(先)圓山泰雄〇支釣込足(1:30)△野田元
(次)伊藤悦輝×引分×佐藤圭将
(中)田中力也×引分×藤田圭一
(副)近藤将太郎×引分×長谷川優
(大)前田峻登×引分×嘉山貴之

国士舘大学柔道クラブ 2-1 前橋刑務所
(先)井上貴裕△合技(4:00)〇大澤孝晃
(次)鈴木桂治×引分×萩本貴章
(中)釘丸太一〇反則[指導3](2:30)△西原正時
(副)出水隼人〇優勢[僅差]〇世ノ一亨
(大)吉永慎也×引分×滝澤広大

【決勝】

国士舘大学柔道クラブ ①-1 アドヴィックス
(先)井上貴裕×引分×圓山泰雄
(次)鈴木桂治×引分×伊藤悦輝
(中)釘丸太一〇優勢[技有・内股]△田中力也
(副)出水隼人×引分×近藤将太郎
(大)吉永慎也△優勢[僅差]〇前田峻登

eJudo Photo
1回戦、鈴木桂治がYKK・橘隆太から内股「一本」

eJudo Photo
2回戦、鈴木桂治が出羽拓馬から横四方固「一本」

eJudo Photo
3回戦、鈴木桂治が東京拘置所・前野玲音から足車「一本」

eJudo Photo
準々決勝、セントラル警備保障A・田中康大から大外刈「一本」

【国士舘大学柔道クラブ結果(1回戦から準々決勝まで】

[1回戦]
国士舘大学柔道クラブ 4-1 YKK
(先)井上貴裕〇横四方固(0:43)△高口翔喜
(次)鈴木桂治〇払腰(0:32)△橘隆太
(中)釘丸太一〇払腰(1:22)△追分渓太
(副)出水隼人〇横四方固(1:12)△太田真
(大)石井康太△小外刈(1:42)〇布袋寿磨

[2回戦]
国士舘大学柔道クラブ 4-0 戸田建設
(先)井上貴裕〇送襟絞(0:36)△大西康仁
(次)鈴木桂治〇横四方固(2:39)△出羽拓馬
(中)釘丸太一〇支釣込足(1:10)△秋本健吾
(副)出水隼人〇合技(2:13)△新島尚紀
(大)吉永慎也×引分×白座康雄

[3回戦]
国士舘大学柔道クラブ 4-0 東京拘置所
(先)井上貴裕〇小外掛(0:23)△浅野大輔
(次)鈴木桂治〇足車(3:20)△前野玲音
(中)釘丸太一〇大内刈(1:48)△金山天地
(副)出水隼人〇合技(2:32)△田中颯
(大)吉永慎也×引分×柳原尚弥

[準々決勝]
国士舘大学柔道クラブ 5-0 セントラル警備保障A
(先)井上貴裕〇内股(1:48)△岩井学
(次)鈴木桂治〇大外刈(2:50)△田中康大
(中)釘丸太一〇腕挫十字固(2:07)△山本大士
(副)出水隼人〇合技(3:10)△三島一輝
(大)吉永慎也〇一本背負投1:52)△澁谷貴嗣


取材・撮影:eJudo編集部

※ eJudoメルマガ版6月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る