PAGE TOP ↑
eJudo

小西誠志郎が優勝、斉藤立は2位・東アジア柔道選手権2019

(2019年6月4日)

※ eJudoメルマガ版6月4日掲載記事より転載・編集しています。
小西誠志郎が優勝、斉藤立は2位・東アジア柔道選手権2019
第12回東アジア柔道選手権(East Asian Judo Championships 2019)が1日、韓国・東海市で行われ、日本代表は男子3階級に計3名の選手を派遣。60kg級の小西誠志郎(国士舘大3年)が優勝した。

100kg超級の斉藤立(国士舘高3年)は予選リーグで天理大所属のツェツェンツェンゲル・オドフーに勝利して決勝まで進んだが、2016年アジアジュニア選手権優勝の22歳、現在韓国の同階級では3番手(ワールドランキング96位)のヨウン・ジャエグに「指導3」で敗れて2位だった。66kg級の桂嵐斗(日本大1年)は初戦で敗れて最終成績は3位だった。100kg級では日本体育大所属のハンガルオドバートル(モンゴル)が優勝した。

日本選手全試合の結果は下記。今大会は男子7階級の総参加者が31人という小規模大会となり、ワールドツアーの第一線で活躍するクラスの海外選手のエントリーはほとんどなかった。

※この記事の選手名表記は全日本柔道連盟のリリースに拠っています。

■ 60kg級
(エントリー6名)

【日本代表選手勝ち上がり】
小西誠志郎(国士舘大3年)
成績:優勝


[準決勝]
小西誠志郎〇背負投△チェン(台湾)
[決勝]
小西誠志郎〇優勢[技有・大内刈]△ジョン

■ 66kg級
(エントリー5名)

【日本代表選手勝ち上がり】
桂嵐斗(日本大1年)
成績:3位


[1回戦]
桂嵐斗△内股透〇チェング(台湾)
[敗者復活最終戦]
桂嵐斗〇反則[指導3]△チョウ
[3位決定戦]
該当者なし

■ 100kg超級
(エントリー4名)

【日本代表選手勝ち上がり】
斉藤立(国士舘高3年)
成績:2位


[リーグ戦第1試合]
斉藤立〇優勢[技有・隅落]△オドクー(モンゴル)
[リーグ戦第2試合]
斉藤立〇大内刈△チェン(台湾)
[決勝]
斉藤立△GS反則[指導3]〇ヨウン(韓国)

※ eJudoメルマガ版6月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る