PAGE TOP ↑
eJudo

飯田健太郎投入の国士舘大が6年ぶり優勝、決勝で東海大を下す・2019年度東京学生柔道優勝大会(男子68回)

(2019年5月26日)

※ eJudoメルマガ版5月26日掲載記事より転載・編集しています。
飯田健太郎投入の国士舘大が6年ぶり優勝、決勝で東海大を下す
2019年度東京学生柔道優勝大会(男子68回)
eJudo Photo
決勝、国士舘大の大将飯田健太郎が東海大・星野太駆から内股「一本」

全日本学生柔道優勝大会(6月22日~23日、日本武道館)の東京地区予選を兼ねる2019年度東京学生柔道優勝大会(男子68回、女子30回)が26日、日本武道館で行われ、七人制で競われる男子は国士舘大が6年ぶりの優勝を飾った。

国士舘大は2回戦で武蔵大を7-0で下すも、3回戦は順天堂大を相手に飯田健太郎と山下魁斗の主戦2人のみが得点しての2-0というロースコアゲーム。準々決勝も中央大学を相手に3-1で勝利したものの全日本ジュニア100kg級2位の清水雅義が先鋒戦を落とし、中堅戦では4年生の竹村昂大が1年生の酒井陸を相手に一時「技有」を失うなどピリッとしない戦いぶり。ここで鈴木桂治監督が「自分の役割を見失っている」と檄を入れると、以降の強豪との対戦ではこれまでの曖昧な戦いぶりが一変。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る