PAGE TOP ↑
eJudo

【レポート】90kg級の増山香補がガクドンハン破り優勝、60kg級は古賀玄暉が制す・アジアパシフィック選手権大会2019男子7階級レポート

(2019年5月18日)

※ eJudoメルマガ版5月18日掲載記事より転載・編集しています。
90kg級の増山香補がガクドンハン破り優勝、60kg級は古賀玄暉が制す
アジア・パシフィック選手権大会2019男子7階級レポート
アジア・パシフィック選手権大会2019が、4月20日から23日までの4日間、アラブ首長国連邦のフジャイラで開催された。この大会はこれまで個別に行われていたアジア選手権大会とオセアニア選手権大会を統合して、今年から新設されたもの。男子個人戦には6名の日本代表選手出場し、60kg級の古賀玄暉(日本体育大3年)と90kg級の増山香補(明治大3年)が優勝を飾った。

各階級の概況解説と決勝の結果、日本選手全試合の結果は下記。

文責:小林大悟/eJudo編集部

■ 60kg級・古賀玄暉が優勝、ヤンユンウェイとの試合時間14分の大消耗戦を制す
(エントリー30名)

【入賞者】
1.KOGA, Genki (JPN)
2.YANG, Yung Wei (TPE)
3.ENKHTAIVAN, Ariunbold (MGL)
3.KYRGYZBAYEV, Gusman (KAZ)
5.LEE, Harim (KOR)
5.LUTFILLAEV, Sharafuddin (UZB)
7.KATZ, Joshua (AUS)
7.LKHAGVAJAMTS, Unubold (MGL)

アジア地域が世界をリードしている本階級だが、強豪各国が1番手の派遣を見送ったため、今大会のレベルは控えめ。

決勝は2018年世界ジュニア選手権王者の古賀玄暉(日本体育大3年)と、昨年アジア大会で3位の台湾期待の若手ヤン・ユンウェイによる対戦となった。この試合はともに攻撃的な柔道を続けた結果、試合時間14分に及ぶ大消耗戦へと発展。「指導2」を取り合って迎えたGS10分、ヤンに消極的による「指導3」が与えられて決着となった。

古賀は勝ち上がりも素晴らしい出来。準々決勝で2017年ブダペスト世界選手権7位のグスマン・キルギズバエフ(カザフスタン)を小内巻込「技有」、準決勝で2018年バクー世界選手権5位のイ・ハリン(韓国)を大内刈「技有」でそれぞれ破るなど、今大会がシニア国際大会初出場ながら、既に世界トップクラスの強豪とも堂々渡り合えることを示してみせた。気持ちの強さで接戦を制した決勝の戦いぶりといい、充実の内容でのタイトル獲得となった。

【決勝】
古賀玄暉○GS反則[指導3](GS10:00)△ヤン・ユンウェイ(台湾)

【日本代表選手勝ち上がり】

古賀玄暉(日本体育大3年)
成績:優勝


[1回戦]
古賀玄暉○内股(3:00)△モスタファ・リヤヒファル(イラン)

[2回戦]
古賀玄暉○上四方固(0:52)△ハビブ・ハサン(クウェート)

[準々決勝]
古賀玄暉○優勢[技有・小内巻込]△グスマン・キルギズバエフ(カザフスタン)

[準決勝]
古賀玄暉○GS技有・大内刈(GS0:12)△イ・ハリン(韓国)

[決勝]
古賀玄暉○GS反則[指導3](GS1:00)△ヤン・ユンウェイ(台湾)

■ 66kg級・世界選手権2位のセリクジャノフが優勝、田川兼三はまさかの初戦敗退
(エントリー25名)

【入賞者】
1.SERIKZHANOV, Yerlan (KAZ)
2.ZHUMAKANOV, Yeldos (KAZ)
3.YONDONPERENLEI, Baskhuu (MGL)
3.TE, Artur (KGZ)
5.NERGUI, Munkhbayar (MGL)
5.ZHABBOROV, Khaiyomiddin (TJK)
7.ALTYNBEK UULU, Almaz (KGZ)
7.NURILLAEV, Sardor (UZB)

昨年のバクー世界選手権で2位入賞のイェルラン・セリクジャノフ(カザフスタン)が優勝。準決勝のハイヨミディン・ジャボロフ(タジキスタン)戦と決勝のイェルドス・ジューマカノフ(カザフスタン)戦はともに不戦勝、評価の難しい内容だが、実力どおりにしっかり結果を残したとまでは評価していいだろう。今後はこの選手がカザフスタンの1番手になると考えて間違いないだろう。

日本代表の田川兼三(了徳寺学園職)は初戦(2回戦)で無名選手のハイヨミディン・ジャボロフ(タジキスタン)に苦杯。背中に取り付かれて伏せたところを横車で転がされ「技有」を失い、それを取り返すことが出来ないまま優勢負けとなった。

【決勝】
イェルラン・セリクジャノフ(カザフスタン)○不戦△イェルドス・ジューマカノフ(カザフスタン)

【日本代表選手勝ち上がり】

田川兼三(了徳寺学園職)
成績:2回戦敗退


[2回戦]
田川兼三△優勢[技有・横車]○ハイヨミディン・ジャボロフ(タジキスタン)

■ 73kg級・ツェンドオチルが世界王者アンチャンリンを破り優勝、野上廉太郎は悔しい1回戦負け
(エントリー32名)

【入賞者】
1.TSEND-OCHIR, Tsogtbaatar (MGL)
2.AN, Changrim (KOR)
3.SCVORTOV, Victor (UAE)
3.TURAEV, Khikmatillokh (UZB)
5.MOHAMMADI, Mohammad (IRI)
5.MAKHMADBEKOV, Somon (TJK)
7.QING, Daga (CHN)
7.KNOESTER, Calvin (AUS)

各国が1番手を送り込んだハイレベルトーナメント。決勝には第1シードの現役世界王者アン・チャンリン(韓国)と第2シードのツェンドオチル・ツォグトバータル(モンゴル)が順当に勝ち上がった。両者の組み手は左相四つ。大枠はアンが担ぎ技を中心に攻めて優位も、ツェンドオチルは持ち前の身体能力の高さを生かしてこれに対抗。互いに「指導2」を取り合って迎えたGS2分36秒、ツェンドオチルが右小外掛からの左大内刈で「一本」を奪って決着となった。ツェンドオチルは準決勝でも昨年世界選手権3位のモハマド・モハマディ(イラン)を僅か33秒の大内返「一本」で屠っており、その実力は間違いなく世界大会表彰台レベル。東京世界選手権では有力なメダル候補の1人として初戦から注目すべきだろう。

日本代表の野上廉太郎(筑波大3年)は、1回戦でソモン・マフマドベコフ(タジキスタン)に一方的に「指導3」を奪われ反則負け(GS1:24)。良いところないままトーナメントを去ることとなった。

【決勝】
ツェンドオチル・ツォグトバータル(モンゴル)○GS大内刈(GS2:36)△アン・チャンリン(韓国)

【日本代表選手勝ち上がり】

野上廉太郎(筑波大3年)
成績:1回戦敗退


[1回戦]
野上廉太郎△GS反則[指導3](GS1:24)○ソモン・マフマドベコフ(タジキスタン)

■ 81kg級・オトゴンバータルが優勝、友清光は3位を獲得
(エントリー27名)

【入賞者】
1.OTGONBAATAR, Uuganbaatar (MGL)
2.BOLTABOEV, Sharofiddin (UZB)
3.LEE, Sungho (KOR)
3.TOMOKIYO, Hikaru (JPN)
5.MUSSAYEV, Ruslan (KAZ)
5.KHAMZA, Didar (KAZ)
7.ZHA, Lasai (CHN)
7.RASULOV, Kamoliddin (UZB)

第2シードのオトゴンバータル・ウーガンバータル(モンゴル)が優勝。決勝はシャロフィディン・ボルタボエフ(ウズベキスタン)に裏投「技有」をリードされる苦しい展開となったが、試合終了のブザーと同時に右内股「一本」を奪い逆転勝ちを果たした。現役世界王者のサイード・モラエイ(イラン)は、今大会に出場しなかった。

日本代表の友清光(国士舘大3年)は3位を獲得。準々決勝でルスラン・ムッサエフ(カザフスタン)に合技「一本」(2:15)で敗れたものの、3位決定戦では2018年アジア大会王者のディダル・ハムザ(カザフスタン)を支釣込足「技有」で破った。

【決勝】
オトゴンバータル・ウーガンバータル(モンゴル)○内股(4:00)△シャロフィディン・ボルタボエフ(ウズベキスタン)

【日本代表選手勝ち上がり】

友清光(国士舘大3年)
成績:3位


[1回戦]
友清光○GS技有・大外刈(GS0:31)△ジョバンディープ・シン(インド)

[2回戦]
友清光○優勢[技有・背負投]△ウラジミール・ゾロエフ(キルギスタン)

[準々決勝]
友清光△合技(2:15)○ルスラン・ムッサエフ(カザフスタン)

[敗者復活戦]
友清光○GS反則[指導3](GS1:10)△カモリディン・ラスロフ(ウズベキスタン)

[3位決定戦]
友清光○優勢[技有・支釣込足]△ディダル・ハムザ(カザフスタン)

■ 90kg級・増山香補が優勝、準々決勝でガクドンハンを破る
(エントリー19名)

【入賞者】
1.MASHIYAMA, Kosuke (JPN)
2.USTOPIRIYON, Komronshokh (TJK)
3.BOZBAYEV, Islam (KAZ)
3.BU, Hebilige (CHN)
5.GWAK, Donghan (KOR)
5.ELIAS, Nacif (LBN)
7.NIK EGHBAL, Iman (IRI)
7.SHEROV, Erlan (KGZ)

増山香補(明治大3年)が見事優勝。増山は初戦から実力者ヤキョー・イマモフ(ウズベキスタン)と対戦する過酷な組み合わせだったが、この試合に背負投「技有」で勝利してベスト8入り。準々決勝の相手は2015年の世界王者ガク・ドンハン(韓国)。もちろん、ここが最大の勝負どころだ。

組み手は増山、ガクともに左組みの相四つ。試合は双方が相手の技を警戒して両襟で位置取りを争い続けた結果、両者「指導2」の同点でGS延長戦へともつれ込む。GS2分4秒、増山が引き手で袖を得て左大内刈から左背負投。無理やり釣り上げたところから低くもたれ掛かるように体を捨てるとガクの体側が畳に着き「技有」。このポイントにより決着となった。増山は続く準決勝でも気持ちを切らさず、階級きっての曲者ナシフ・エリアス(レバノン)を一方的に「指導3」を得ての相手の反則(GS1:00)で一蹴。決勝では大会3連覇を狙う2016年と2017年のアジア選手権王者コムロンショフ・ウストピリヨン(タジキスタン)を背負投「技有」で破り、トーナメントの頂点へと辿り着いた。

この日の増山は出色の出来。なかでもガクに投げ勝ったことは見事だった。この日のガクの戦いぶりを見る限り、決して良好なコンディションではなかったと思われるが、この選手は調子によるパフォーマンスの波が比較的小さい選手。増山はそれ以外の試合でも強豪を破っており、現時点で十分に階級の上位陣とも戦えるということを示したと言えるだろう。増山にとっては自身の評価を大きく上げた、非常に得るものの多い1日だった。

【決勝】
増山香補○優勢[技有・背負投]△コムロンショフ・ウストピリヨン(タジキスタン)

【日本代表選手勝ち上がり】

増山香補(明治大3年)
成績:優勝


[2回戦]
増山香補○優勢[技有・背負投]△ヤキョー・イマモフ(ウズベキスタン)

[準々決勝]
増山香補○GS技有・背負投(GS2:04)△ガク・ドンハン(韓国)

[準決勝]
増山香補○GS反則[指導3](GS1:00)△ナシフ・エリアス(レバノン)

[決勝]
増山香補○優勢[技有・背負投]△コムロンショフ・ウストピリヨン(タジキスタン)

■ 100kg級・高木海帆が3位を獲得、関根聖隆はまさかの1回戦敗退
(エントリー20名)

【入賞者】
1.LKHAGVASUREN, Otgonbaatar (MGL)
2.WON, Jonghoon (KOR)
3.KHURRAMOV, Mukhammadkarim (UZB)
3.OZCICEK-TAKAGI, Kayhan (AUS)
5.SHAH, Hussain Shah (PAK)
5.TAKAYAWA, Tevita (FIJ)
7.SERIKBAYEV, Aibek (KAZ)
7.JAMALI, Mohammad (IRI)

日本代表の関根聖隆(筑波大2年)がまさかの1回戦負け。筑波大OBで日本在住のフセイン=シャー・シャー(パキスタン)を相手に順調に「指導2」を積むも、残り45秒に自身の左背負投が抜けたところを押し込まれ、隅落「技有」を失った。

決勝へは2018年バクー世界選手権3位のルハグヴァスレン・オトゴンバータル(モンゴル)と、ウォン・ジョンフン(韓国)が勝ち上がり、ルハグヴァスレンが内股と横四方固の合技「一本」(3:35)で優勝を飾った。オーストラリア代表として出場した高木海帆(カイハン・オズチチェク=タカギ)は、準々決勝で敗れるも敗者復活戦を勝ち上がり、3位決定戦でテヴィタ・タカヤワ(フィジー)を「指導3」の「反則」(GS1:31)で下して銅メダルを獲得した。

【決勝】
ルハグヴァスレン・オトゴンバータル(モンゴル)○合技[内股・横四方固](3:35)△ウォン・ジョンフン(韓国)

【日本代表選手勝ち上がり】

関根聖隆(筑波大2年)
成績:1回戦敗退


[1回戦]
関根聖隆○優勢[技有・隅落]△フセイン=シャー・シャー(パキスタン)

■ 100kg超級・好調キムスンミンが優勝、各国の1番手揃うハイレベルトーナメントを制す
(エントリー21名)

【入賞者】
1.KIM, Sungmin (KOR)
2.RAKHIMOV, Temur (TJK)
3.KIM, Minjong (KOR)
3.KRAKOVETSKII, Iurii (KGZ)
5.OLTIBOEV, Bekmurod (UZB)
5.MIRMAMADOV, Shakarmamad (TJK)
7.ULZIIBAYAR, Duurenbayar (MGL)
7.TOKTOGONOV, Bekbolot (KGZ)

2018年バクー世界選手権3位のウルジバヤル・デューレンバヤル(モンゴル)を始め、各国が1番手を送り込んだハイレベルなトーナメン。決勝には昨年来好調、2月のグランドスラム・パリでは原沢久喜(百五銀行)を破り優勝しているキム・スンミン(韓国)と、バクー世界選手権で小川雄勢(パーク24)に勝利しているテムル・ラヒモフ(タジキスタン)が勝ち上がり、キムが自身の組み手とは逆方向の左大外巻込「一本」(3:14)で優勝を飾った。この階級には日本は代表を派遣しなかった。

【決勝】
キム・スンミン(韓国)○大外巻込(3:14)△テムル・ラヒモフ(タジキスタン)

※日本代表選手の出場はなし

※ eJudoメルマガ版5月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る